コラム

2020-01-28
悪性腫瘍に対しての放射線療法による放射線障害

放射線による副作用には、

・食用不振

・悪心

・嘔吐

・頭痛

・脱毛

・疲れやすい

などの全身反応と、

・白血球や血小板の減少

などの血液反応、局部の反応があります。

 

これらはすぐに処治しなければ、放射線障害の後遺症が残るケースが多々あります。

 

現代医学では放射線障害が起こった場合、治療を中断したり、薬物を少なめにするなどしますが、特にこれといった治療方法がみい出せないのが現状です。

 

中国などでは放射線障害に対し、1950年代位から鍼灸治療を行ない始めています。

 

鍼灸治療は全身症状を刺激していく作用と、白血球の減少を止める作用に働きかけます。

 

また、放射線治療による身体の免疫機能を抑制する作用に抵抗し、血液を正常に保ち、骨髄の造血作用を強めることで、身体の放射線に対する耐性を高めるのです。

 

例えば「嘔吐」が起こる原因としては、本来胃で蠕動運動を行い、食べ物を下に押し下げて行き、消化し、栄養素のない物質を大腸を通して便という形で排出します。

 

ですが、放射線を受けた場合は、胃の動きが低下してしまいます。

 

そのため、消化した物が下方に押し下げられなくなり、嘔吐感が出るのだと中医学では考えています。

 

ですから治療法として、胃の気を下方に下げる手当てを行います。

 

そうすると嘔吐感が減少していきます。

 

このように中医学(鍼灸・漢方)では、気の流れの仕組みを理解した上で、その症状に対して改善を促す治療を行なっています。

 

 

コラム『術後の不定愁訴』

https://www.dokutoruyo.com/column/cate6/20200125-2273/

 

コラム『悪性腫瘍』

https://www.dokutoruyo.com/column/cate6/20200126-2285/

 

 

 

下記のページもご参照ください。

 

当院について

https://www.dokutoruyo.com/about/

 

よくある質問

https://www.dokutoruyo.com/faq/

 

お問い合わせはこちら

https://www.dokutoruyo.com/contact/

 

吉祥寺 中医学に基づく 治療

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

当院は予約制となります

  • まずはお電話でご相談ください。

  • 0088-221818

受付時間

8:30~
12:30
13:00まで
14:00~
17:30

※ 火曜日・水曜日・金曜日が祝祭日の場合は午前診療となります。
※ 当院は予約制です。

アクセス

院内の様子