コラム

2019-12-27
帯状疱疹(帯状疱疹後神経痛)~楊中医鍼灸院治療体験談23~

ウイルスが広がっていかないように、帯状疱疹を発症した部位に、鍼をしていきます。

また、帯状疱疹は、疲労や免疫力低下によって起こりやすいので、体のエネルギーを補充していく治療も行っていきます。

そうすることで、体力が底上げされ、自然治癒力が活性化し、早期の回復につながります。

 

さらに、鍼治療には、鎮痛効果があります。

鎮痛に優れたツボに刺激を与えることで、より効果の高い治療を行なっております。

 

受診は早ければ早いほど、短期間に痛みから解放されます。

また、帯状疱疹の治療を早めに行うことで、帯状疱疹後神経痛になるという心配もありません。

 

しかし、たとえ帯状疱疹後神経痛になってしまった方でも、鍼治療を受けて頂くことにより、痛みを緩和させることができます。

長年痛みで悩んでいる方も、ぜひ一度、鍼治療のお手当てを試みるのも良いかと思います。

 

 

下記のページもご参照ください。

 

当院について

https://www.dokutoruyo.com/about/

 

よくある質問

https://www.dokutoruyo.com/faq/

 

吉祥寺 中医学に基づく 帯状疱疹 帯状疱疹後神経痛 治療

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

当院は予約制となります

  • まずはお電話でご相談ください。

  • 0088-221818

診療時間

8:30~
12:30
13:00まで
14:00~
17:30

※ 火曜日・水曜日・金曜日が祝祭日の場合は午前診療となります。
※ 当院は予約制です。

アクセス

〒180-0002
東京都武蔵野市吉祥寺東町1丁目17-10

院内の様子