コラム

2019-10-05
慢性的な下痢症状~楊中医鍼灸院治療体験談2~

武蔵野市吉祥寺在住T.Kさん

 

この方は、慢性的な下痢症状のため、当院に来院されました。

 

いろいろな病院で検査をしたのですが、胃腸には何の異常も見つからず、整腸薬を長く投与されていたのですが、結局、症状は改善されなかったそうです。

 

初診時に体質を判断した結果、T.Kさんは「冷え」タイプに当てはまりました。さらに、中医学的にみて、「脾」と「腎」という部分も働きが低下していることがわかりました。

また、問診をしていくうちに、食生活に問題があることがわかったのです。

 

T.Kさんは、身体に良いということで、毎朝、ヨーグルトにトマトやキウイなどを混ぜて食べる習慣がありました。

ヨーグルトは、整腸作用のある食べ物ではありますが、トマトやキウイは、食べ物の中では「寒タイプ」の食材であり、あまり摂りすぎると、身体を冷やしてしまうのです。

 

 

T.Kさんはもともと「冷え」の体質でありましたので、「寒タイプ」のものを摂りすぎたために、身体をさらに冷やしてしまうこととなり、身体を温める力が損なわれることによって、「脾」と「腎」に負担がかかってしまったのです。

そのために、「脾」と「腎」のエネルギー不足が長く続き、結果的に、慢性的な下痢症状が起きていたのです。

 

中医学的に、「脾」と「腎」という臓器は冷えを嫌がり、さらに排便にも関わっています。

人間の身体が冷えると、普通に摂取している水分を排泄しにくくなり、身体に余分な水分を溜め込んでしまいます。

 

そうなると、身体の防御反応で、余分な水分を「下痢」という形で強制的に排泄するのです。

 

下痢として水分を排出すれば、必要な栄養も一緒に出て行ってしまい、当然、充分な栄養吸収がなされないので、エネルギー不足となり、身体が温まらなくなるという悪循環を起こしてしまいます。

 

T.Kさんは、こうような状態を繰り返すことにより、慢性的な下痢症状を起こしてしまっていたのです。

 

当院では、T.Kさんに身体の芯が温まる鍼灸治療を施し、さらに体を温める食事を摂るように指導しました。

 

T.Kさんは、治療を受けていくうちに、段々と便の症状が改善されていきました。

 

T.Kさんは現在も、週に1~2回の治療を継続することで、症状の回復とともに、脳梗塞の再発防止など、その他の症状の予防にも繋がっております。

また、80歳という年齢にもかかわらず、元気に海外旅行にも出掛けていらっしゃいます。

 

 

吉祥寺 中医学に基づく 慢性的な下痢

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

当院は予約制となります

  • まずはお電話でご相談ください。

  • 0088-221818

診療時間

8:30~
12:30
13:00まで
14:00~
17:30

※ 火曜日・水曜日・金曜日が祝祭日の場合は午前診療となります。
※ 当院は予約制です。

アクセス

〒180-0002
東京都武蔵野市吉祥寺東町1丁目17-10

院内の様子