コラム

2022/05/20
【コラム】春の食養生に良い食材とは!?
春の食養生ポイント!
血や体液を補う熱を冷ます食材など。
香りのある食材を摂るセロリ、ニラ柑橘系のもの、エネルギーの滞りを改善してくれます。のぼせ、イライラとか…
 
春になるべく摂って頂きたい食材の幾つか紹介させて頂きます。
 
玉ねぎ:温性の食材
胃の機能を整え、ケップや吐き気などの症状を緩和。
体を温めて気血エネルギーの流れを促進させます。
粘り気の痰や咳の改善に良いです。
 
あさり:寒性の食材
体液や血エネルギーを補う一方、余計な水分を尿で排泄させる効果があります。
精神を安定させるので、寝付けないときにはみそ汁に入れると良いです。
 
カツオ:平性の食材 温でも寒でもない
気血のエネルギーを補う、胃の機能を高めます。
 
鶏卵:平性の食材 温でも寒でもない
体に必要な水分を補い、肌の乾燥を防ぎます。精神安定にも役立ちます。白身は喉を潤し、黄身は血を補います。
必須アミノ酸が含まれ、滋養作用が高い食材です。
 
ごぼう:涼性の食材寒性よりも冷たさがゆるい
体にこもった熱を冷まします
口の渇き、熱を持った腫れ物や吹き出物の改善に良いです。
 
ワカメ:寒性の食材
リンパの腫れなど、体内に出来た塊を柔らかくする。痰の切れを良くいます。
利尿作用があり、浮腫みに良いが体を冷やすので、摂取するときは生姜やネギを付け加えると良いです。
 
以上が今の季節に採り入れると良い食材となっております。
ぜひ実践してみて役立ててみてください〜!

当院は予約制となります

  • まずはお電話でご相談ください。

  • 0088-221818

診療時間

8:30~
12:30
13:00まで
14:00~
17:30

※ 火曜日・水曜日・金曜日が祝祭日の場合は午前診療となります。
※ 当院は予約制です。

アクセス

〒180-0002
東京都武蔵野市吉祥寺東町1丁目17-10

院内の様子