コラム

2020/04/26
風邪をひいてしまったら…【楊先生のちょっとためになる話39】

いくら予防を心掛けていても、一年に何度かは風邪をひいてしまうこともあると思います。

 

その時は、病院で診察を受けるのも大切ですが、風邪のひき始めや、それほど症状がひどくない場合は、中成薬で対処することも可能です。

 

ただ風邪と言っても、いろいろなタイプがありまして、見きわめを間違うと、かえってこじらせてしまうこともありますので気を付けてくださいね。

 

タイプに合わせた中成薬で対応してみてくださいね。次回以降でご紹介します。

 

 

 

 

 

当院の治療に関しては下記もご参照ください。

治療の流れ

https://www.dokutoruyo.com/about/#a3

 

治療方針

https://www.dokutoruyo.com/about/#a4

 

カッピングについて

https://www.dokutoruyo.com/about/#a6

 

中医学について

https://www.dokutoruyo.com/medicine/

 

当院について

https://www.dokutoruyo.com/about/

 

お問い合わせ

https://www.dokutoruyo.com/contact/

 

 

 

吉祥寺 中医学に基づく 風邪 

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

2020/04/29
寒タイプの風邪【楊先生のちょっとためになる話40】

寒気や悪寒がして顔色が青いこのタイプは風邪のひき始めに多く、ぞくぞく寒気がして水っぽい鼻水が出るという症状です。

 

のどの痛み炎症がないようなら、体を温めて発汗させる「葛根湯」が効きます。

 

「葛根湯」は、体を温めて発汗させ、血流をよくする作用があり、また頭痛、肩こり、筋肉痛などの改善にもよいです。

 

 

 

当院の治療に関しては下記もご参照ください。

治療の流れ

https://www.dokutoruyo.com/about/#a3

 

治療方針

https://www.dokutoruyo.com/about/#a4

 

カッピングについて

https://www.dokutoruyo.com/about/#a6

 

中医学について

https://www.dokutoruyo.com/medicine/

 

当院について

https://www.dokutoruyo.com/about/

 

お問い合わせ

https://www.dokutoruyo.com/contact/

 

 

 

吉祥寺 中医学に基づく 風邪 

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

2020/05/01
温タイプの風邪【楊先生のちょっとためになる話41】

発熱があり、顔色が赤く、のどが痛む、同じ風邪でも赤い顔をして、フーフーしているような時は、体の熱を冷ましながら発汗させる方法が有効です。

 

のどが赤く腫れ、鼻水や痰が黄色くねばる、発熱といった症状の場合は、「銀翅散」が効きます。

 

インフルエンザなどにも効果があります。

 

しかし「銀翅散」に他の生薬を加え、抗炎作用を高めた「天津感冒片」も良いです。

 

薬を飲むと汗がじわっと出て、症状が緩和していきます。

 

 

当院の治療に関しては下記もご参照ください。

治療の流れ

https://www.dokutoruyo.com/about/#a3

 

治療方針

https://www.dokutoruyo.com/about/#a4

 

カッピングについて

https://www.dokutoruyo.com/about/#a6

 

中医学について

https://www.dokutoruyo.com/medicine/

 

当院について

https://www.dokutoruyo.com/about/

 

お問い合わせ

https://www.dokutoruyo.com/contact/

 

 

 

吉祥寺 中医学に基づく 風邪 

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

 

2020/05/02
胃腸方タイプの風邪【楊先生のちょっとためになる話42】

下痢や嘔吐をともなう時、梅雨時や夏場にひきやすいのが、下痢や嘔吐、食欲不振をともなう胃腸方の風邪です。

 

このタイプは体内の余分な水分を取り除いて、胃腸の働きを高め、軽い発汗作用で風邪のウィルスを外に追い出す「カツ香正気散」が良いでしょう。

 

 

 

当院の治療に関しては下記もご参照ください。

治療の流れ

https://www.dokutoruyo.com/about/#a3

 

治療方針

https://www.dokutoruyo.com/about/#a4

 

カッピングについて

https://www.dokutoruyo.com/about/#a6

 

中医学について

https://www.dokutoruyo.com/medicine/

 

当院について

https://www.dokutoruyo.com/about/

 

お問い合わせ

https://www.dokutoruyo.com/contact/

 

 

 

吉祥寺 中医学に基づく 風邪 

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

2020/05/03
風邪の中成薬と利用法について~まとめ~【楊先生のちょっとためになる話43】

風邪の中成薬と利用法について【楊先生のちょっとためになる話37】

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20200419-3038/

 

風邪の予防に「板藍根」【楊先生のちょっとためになる話38】

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20200422-3041/

 

風邪をひいてしまったら…【楊先生のちょっとためになる話39】

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20200426-3050/

 

寒タイプの風邪【楊先生のちょっとためになる話40】

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20200429-3053/

 

温タイプの風邪【楊先生のちょっとためになる話41】

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20200501-3056/

 

胃腸方タイプの風邪【楊先生のちょっとためになる話42】

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20200502-3059/

 

 

 

当院の治療に関しては下記もご参照ください。

治療の流れ

https://www.dokutoruyo.com/about/#a3

 

治療方針

https://www.dokutoruyo.com/about/#a4

 

カッピングについて

https://www.dokutoruyo.com/about/#a6

 

中医学について

https://www.dokutoruyo.com/medicine/

 

当院について

https://www.dokutoruyo.com/about/

 

お問い合わせ

https://www.dokutoruyo.com/contact/

 

 

 

吉祥寺 中医学に基づく 風邪 

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

当院は予約制となります

  • まずはお電話でご相談ください。

  • 0088-221818

診療時間

8:30~
12:30
13:00まで
14:00~
17:30

※ 火曜日・水曜日・金曜日が祝祭日の場合は午前診療となります。
※ 当院は予約制です。

アクセス

〒180-0002
東京都武蔵野市吉祥寺東町1丁目17-10

院内の様子