コラム

2022-06-07
健康食品『納豆』の知られていない秘密②
今回は前回の続きで薬味の紹介をさせて頂きます。
青紫蘇の葉
ビタミンAの宝庫で、ビタミンB類やC、ミネラルも豊富、消化促進や健脳効果があります。
細かく刻んで納豆に混ぜると爽やかな風味が味わえます。
 
辛子
納豆の味をピリッと引き締めます。病原菌や寄生虫に対する殺菌、殺虫効果も有ります。
 
山芋
すりおろしてもよく、千切りにして添えても美味しいです。
山芋は、滋養強壮効果があり疲労回復に良いです。
 
クルミ
みじん切りにして混ぜます。高血圧を予防するリノール酸や老化を防止するビタミンEが多く、自律神経を安定させ、脳細胞を活発にする栄養分が多いです。子供の健脳食としても注目されてます。
 
たまご
必須アミノ酸を最もバランスよく持ちビタミンA・B2・D・鉄・脂肪などを含む栄養の宝庫です。
 
にんにく
すりおろしにして納豆に混ぜます。にんにくは古くから強壮剤として知られ、心臓筋肉に作用して活動力を増強し末梢血管を拡張して血液の循環をスムーズにし、新陳代謝を促進させます。
 
ミョウガ
爽やかな芳香と辛みで、食欲を増進させます。
 
ゴマ
たんぱく質やカルシウム、ミネラルが多く、浄血効果の大きいリノール酸やリノレン酸などの不飽和脂肪酸が多量に含まれていますので、血管の若返りや肌を美しくするなど、優れた作用を持ってます。
刻んで香りを出して納豆に加えると良いです。
 
大根
大根おろしでおろして、納豆に加える。
大根には多量のジアスターゼ消化酵素が含まれていますので、胸焼けを防ぎ消化を助けます。
 
玉ねぎ
薄切りにして、更に刻み、そのまま納豆に加えます。
玉ねぎのイオウ分は、神経のイライラを鎮静させ不眠症にも役立ちます。
 
梅干し
梅干しの肉を叩いて納豆に加えます。
梅干しはクエン酸やコハク酸などの有機酸を含んだアルカリ性食品で、疲労や息切れを癒やします。
 
長ネギ
江戸時代以来、納豆薬味のナンバーワン!
長ネギはB2の吸収を良くし、消化液の分泌を高めて食欲を刺激します。
また、納豆の持つ血栓予防効果を助ける働きが有ります。
 
リンゴ
刻んで納豆に混ぜまると、かすかな酸味が食欲をそそります。食欲不振のときに良いです。リンゴは疲労回復、血圧降下効果があり、皮に含まれるペクチンは下痢や便秘にも効果があります。
 
海苔
刻み海苔にすると混ぜやすくなります。
ビタミンやミネラルが豊富で、カルシウムは牛乳の4倍近くあるそうです。
 
きゅうり
細かく切って、さっと塩もみしてから混ぜます。
きゅうりはカリウムが多く、体内の過剰な塩分と融合して体外へ排出し同時に老廃物の排泄も助けて血液を浄化します。
 
生姜
おろして混ぜると、キリッと粋な味がします。
生姜には強力な殺菌作用があり、健胃剤、発汗剤的な作用としても知られてます。
 
昆布
極細に刻んだ昆布で粘りが有ります。
昆布はヨードやミネラルを沢山含み、動脈硬化を予防してコレステロールを低下させる効果があります。
 
鰹節
納豆と鰹節は、以外と相性がよく、コクのある旨味が出ます。
しらす干し、カルシウムが多く、歯ごたえがよく、納豆と相性が良いです。
 
最後に、納豆の効率の良い摂取の仕方について
納豆を食べる時間帯は朝よりも夜。 固まった血液を溶かすナットウキナーゼが夜寝ている間に活性化し、血液をサラサラにしてくれます。 ナットウキナーゼは摂取から4時間後に活性化がピークに達し、その後約8時間後に減少します。
 
納豆はどれくらい摂取するのが健康的か? 
1日2パック程度です。 他に大豆製品を日常的に食べられる方は、1日1パックが適量です。 納豆はそこそこカロリーがあり、1パックで約40カロリーあります。
 
以上
参考にして頂き健康増進に役立てて下さいませ。
 
 
東京 吉祥寺 楊中医鍼灸院
 
 

東京・吉祥寺で信頼と実績により開院34年の楊中医鍼灸院です。当院は土・日・祝も診療、完全予約制です。吉祥寺駅からは徒歩10分以内。気象病(天候や気圧の変化の影響で体調を崩したり、頭痛・めまい・アトピー・神経痛・関節痛等の症状が悪化する)・アトピー性皮膚炎・妊活・体質改善・自律神経失調症・突発性難聴・慢性・急性的な痛みなど様々な治療を本場台湾にて培ってきた中医学(東洋医学)に基づいて行っております。

 

毎回しっかり問診をして、一人一人に合わせた治療プランをたて施術しております。鍼治療と共に吸玉(カッピング)を行っております。

 

ご相談などもお気軽にどうぞ。

 

ご予約・お問い合わせはこちら↓

〒180-0002 東京都武蔵野市吉祥寺東町1−17−10

お電話:0422-20-4389

メール:dokutoruyo@gmail.com

当院のGoogleのチャットからもお問い合わせ頂けます。

当院は予約制となります

  • まずはお電話でご相談ください。

  • 0088-221818

診療時間

8:30~
12:30
13:00まで
14:00~
17:30

※ 火曜日・水曜日・金曜日が祝祭日の場合は午前診療となります。
※ 当院は予約制です。

アクセス

〒180-0002
東京都武蔵野市吉祥寺東町1丁目17-10

院内の様子