コラム

2021-09-08
クーラー病と夏バテ対策について まとめ【楊先生のちょっとためになる話82】

夏場でもおなかを冷やさない様に注意を心がけてくださいね。

 

暑いと冷たい飲み物を摂ったりして、おなかを冷やしがちになりますから。

 

おなかが冷えると胃腸の働きが低下し、食欲不振や下痢の原因になってしまい、それが原因で夏バテを起こしてしまいます。

 

「おなかが冷たいな」と思った時には、小さいホカロンを一枚、お臍から下に張ってあげますと冷えもおさえられて、気持ちいいですよ。

 

クーラー病と夏バテ対策について【楊先生のちょっとためになる話75】

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20210714-3276/

 

夏バテをしない為の対策と過ごし方【楊先生のちょっとためになる話76】

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20210721-3278/

 

夏バテをしない為の対策:西洋人参【楊先生のちょっとためになる話77】

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20210728-3281/

 

クーラー(冷房)病を防ぐには?【楊先生のちょっとためになる話78】

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20210804-3283/

 

冷房による冷えから自分を守ることが大切【楊先生のちょっとためになる話79】

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20210811-3285/

 

夏場におすすめの食べもの【楊先生のちょっとためになる話80】

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20210825-3288/

 

夏場にウーロン茶【楊先生のちょっとためになる話81】

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20210901-3290/

 

 

吉祥寺で鍼灸を受けるなら 楊中医鍼灸院へ

当院は予約制となります

  • まずはお電話でご相談ください。

  • 0088-221818

診療時間

8:30~
12:30
13:00まで
14:00~
17:30

※ 火曜日・水曜日・金曜日が祝祭日の場合は午前診療となります。
※ 当院は予約制です。

アクセス

〒180-0002
東京都武蔵野市吉祥寺東町1丁目17-10

院内の様子