コラム

2021-06-23
「湿邪」に対する食べ物は?【楊先生のちょっとためになる話73】

「湿邪」に対する食べ物は?

・ハトムギ

・トウモロコシの花柱(ヒゲ)

・スイカ

・小豆

・鯉

・ドクダミ

 

等の食材が良いでしょう。

 

これらの食材は、湿気を取り、利水効果 が有ります。

 

ハトムギや小豆はお粥に入れると良く、鯉はスープにして黒豆と一緒に煮て食べると良いでしょう。

 

トウモロコシのヒゲ、スイカの皮は、適量 の水で煮出してその汁を飲みます。コレからの季節は、トウモロコシやスイカを食べる機会が増えると思いますので、是非試してみて下さい。

 

ハトムギはお茶にして常飲すると効果が有ります。 この場合は、やはり冷えた物よりは暖かい物を飲むことをお勧めします。

 

また、夏に発汗の多い方は、レモン水(レモン果汁・水・蜂蜜少々を混ぜたもの)や、紫蘇の葉茶(紫蘇の葉を細かく刻んだものをお茶に入れて飲む)などを多く摂ると、毛孔が引き締まって発汗をコントロールしのどの渇きをいやしてくれる作用があります。

 

これらの食材を積極的に摂ることによって、「湿邪」を追い払うことが出来ることでしょう。

 

梅雨が本格的になる前から、これらの食材を摂るように心がけるようにしたいものです。

 

 

 

夏バテ予防と梅雨時の過ごし方は?【楊先生のちょっとためになる話69】

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20210526-3263/

 

夏バテ予防はどうすればいいの?【楊先生のちょっとためになる話70】

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20210602-3265/

 

夏バテに効くツボは?【楊先生のちょっとためになる話71】

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20210609-3267/

 

梅雨時の過ごし方は?【楊先生のちょっとためになる話72】

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20210616-3269/

 

夏バテ予防と梅雨時の過ごし方 まとめ【楊先生のちょっとためになる話74】

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20210707-3274/

 

 

吉祥寺で鍼灸を受けるなら 楊中医鍼灸院へ

 

当院は予約制となります

  • まずはお電話でご相談ください。

  • 0088-221818

診療時間

8:30~
12:30
13:00まで
14:00~
17:30

※ 火曜日・水曜日・金曜日が祝祭日の場合は午前診療となります。
※ 当院は予約制です。

アクセス

〒180-0002
東京都武蔵野市吉祥寺東町1丁目17-10

院内の様子