コラム

2020-07-07
中医学からみる湿気の影響

今年は湿度が高く感じます。

 

気圧の変化などによって、自律神経が乱れることよって、やる気の低下・憂うつ感といった精神的な症状などが出ているかたがいます。

 

 

 

中医学的にみても、湿気が必要以上に多いと、体への負担となります。

・肩こり

・腰痛

・食欲低下

・吐き気

・体のだるさ

・むくみ

・下利

・軟便

など、人によって症状は様々ですが、

湿度の高い日に調子が悪くなるという方が多いです。 

 

 

ただし、中には、湿度の高い日に調子が悪くなるということに気がついていないかたもいらっしゃいます。

問診で「湿度の高い日はいかがですか」と聴かれたことによって、意識してみて初めて気が付くようです。

 

中医学では、消化器にあたる「脾胃」の働きが元々弱い方は、湿度の影響を受けやすくなると考えられています。

 

湿度の影響で「胃腸」にくるかたもいます。

 

どちらにせよ、湿気が体に溜まった状態でありますので、放置しておくことはおすすめできません。

 

早め早めのケアを心がけてください。

 

 

中医学では、体に入り込んだ余分な水分を排出する方法がございます。

例えば、鍼灸ですと、水はけをよくするツボや脾胃(消化器)を強化するツボなどに鍼や灸を行います。

経穴をうまく組み合わせて、湿気に負けない体作り(体質改善)を行っていきます。

 

 

湿度の高い日や雨の日に弱い方、今年の梅雨時期になって体調を崩されている方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

ちなみに、冷たい飲みものは胃腸を冷やしてしまい、機能を低下させて、余分な水分をため込むことにつながりますので、冷たいものの取りすぎは要注意です。そのほか、アイスクリームや刺身、生野菜なんかも冷やしてしまいますので、注意が必要です。

 

ねぎやしょうが、シソなどの香味野菜は、香りで脾胃(消化器)の働きを高めて、余分な水分の排出を促してくれるのでオススメです。

 

 

 

 

当院の治療に関しては下記もご参照ください。

 

 

治療の流れ

https://www.dokutoruyo.com/about/#a3

 

治療方針

https://www.dokutoruyo.com/about/#a4

 

カッピングについて

https://www.dokutoruyo.com/about/#a6

 

中医学について

https://www.dokutoruyo.com/medicine/

 

当院について

https://www.dokutoruyo.com/about/

 

お問い合わせ

https://www.dokutoruyo.com/contact/

 

 

吉祥寺 中医学に基づく 湿気対策

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

 

当院は予約制となります

  • まずはお電話でご相談ください。

  • 0088-221818

診療時間

8:30~
12:30
13:00まで
14:00~
17:30

※ 火曜日・水曜日・金曜日が祝祭日の場合は午前診療となります。
※ 当院は予約制です。

アクセス

〒180-0002
東京都武蔵野市吉祥寺東町1丁目17-10

院内の様子