コラム

2020-05-30
ストレスについて~ストレスって何?~【楊先生のちょっとためになる話52】

ストレス社会の昨今、大人だけでなく子供やペットまでもがストレスにさらされながら生活しています。

 

ただストレスにさらされているだけならまだよいのですが、ストレスは様々な病気までも招いてしまいます。

 

昔は「風邪は万病の基」などと言いましたが、最近では『ストレスも万病の基』と言っても過言でないくらい様々な病気と関連があります。

 

さて、そんな皆様にもお馴染みの「ストレス」とは一体どのようなものなのでしょうか?

 

ストレスという言葉はカナダの生理病理学者ハンス=セリエが医学に取り入れた用語で「寒冷・外傷・疾病・精神的緊張などが原因になって体内でおこる防衛反応」のことを指します。

 

人間の体は、刺激・精神的緊張などに対して常に一定の安定した働きを営むようになっています。

※これを生理学的にホメオスタシス(恒常性の維持)と言います。

 

何らかの生体への刺激はこのホメオスタシスを一時的に乱し、乱されたホメオスタシスの機能は元に戻そうとします。

 

つまり刺激によって体内に起こる変化 、また元に戻そうとする反応をひっくるめて『ストレス』と呼んでいます。

 

そして、ストレスとなる要因刺激を『ストレッサー』と言います。

 

この関係はよく軟らかいボールに例えられます。

 

軟らかいボールを指などで押してみると、ボールはへこむと同時に元に戻ろうとします。

 

この場合、ボールが生体で指がストレッサーにあたります。

 

もし、このまま指の力をゆるめずにいたら、ボールは変形してしまうでしょうし、更に指の力を強めていけばボールは破裂してしまうでしょう。

 

このボールの変形や破裂は身体の不調や心の病を意味します。

 

「ではもっと具体的に我々の生活を例にしてみましょう。」

ゆったりとした気分で観ていたテレビ番組を突然変えられたり、テレビを観ている時に用事を言いつけられて、テレビ観賞を中断させられた時に嫌な気分になります。

 

このことがホメオスタシスを乱し、乱されたホメオスタシスは生体を元のゆったりとした気分に戻そうとして機能します。

 

この嫌な気分をストレス状態と言います。

 

しかし、このような事は誰もが経験していることで、要するに生きている限り人間にとってストレスは避けて通 れないものと思います。

 

 

 

 

当院の治療に関しては下記もご参照ください。

治療の流れ

https://www.dokutoruyo.com/about/#a3

 

治療方針

https://www.dokutoruyo.com/about/#a4

 

カッピングについて

https://www.dokutoruyo.com/about/#a6

 

中医学について

https://www.dokutoruyo.com/medicine/

 

当院について

https://www.dokutoruyo.com/about/

 

お問い合わせ

https://www.dokutoruyo.com/contact/

 

 

吉祥寺 中医学に基づく ストレス

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

 

当院は予約制となります

  • まずはお電話でご相談ください。

  • 0088-221818

診療時間

8:30~
12:30
13:00まで
14:00~
17:30

※ 火曜日・水曜日・金曜日が祝祭日の場合は午前診療となります。
※ 当院は予約制です。

アクセス

〒180-0002
東京都武蔵野市吉祥寺東町1丁目17-10

院内の様子