コラム

2020-03-15
熱が出たときは…【楊先生のちょっとためになる話20】

高熱が出たら、厚着をして、汗をかいて熱を下げようとする人がいますが、体力がなければ、これは逆効果 。

 

発汗で体力が消耗して脱水状態になってしまうからです。

 

では、熱を下げたいときはどうすれば良いのでしょうか?

 

そんな時は、 汗をかいて下げるのではなく、首のつけね、脇の下、足のつけねなど、大きな血管が通っている所を局所的に冷やすようにしましょう。

 

そうすることで、体に無駄な負担をかけることなく熱をさますことができます。

 

また、おでこや頭の後ろを冷やすのが一般的ですが、これは気分を良くすることはあっても、熱を下げる効果はあまり期待できませんので、覚えておかれると良いでしょう。

 

 

局所ではなく全身を温める

「風邪の時は体を冷やさないで」とよく言われます。

これは体が温まると、気道の粘膜の分泌が良くなり、タンや鼻水が出やすくなるためです。

足やお腹などを温めるのが良いとも言われますが、これはダメ。

 

局所を温めると、そこから熱が全身に伝わってしまって、却って熱を上げてしまうことになります。

 

温めるなら全身を温めましょう。

室温は高すぎても体の熱を上げてしまうので、18~20度に保ちましょう。

また、外出時は薄着をしないで、汗をかかない程度に体を保温するように心がけましょう。

 

 

当院の治療に関しては下記もご参照ください。

治療の流れ

https://www.dokutoruyo.com/about/#a3

 

治療方針

https://www.dokutoruyo.com/about/#a4

 

カッピングについて

https://www.dokutoruyo.com/about/#a6

 

中医学について

https://www.dokutoruyo.com/medicine/

 

当院について

https://www.dokutoruyo.com/about/

 

お問い合わせ

https://www.dokutoruyo.com/contact/

 

 

 

吉祥寺 中医学に基づく 風邪

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

当院は予約制となります

  • まずはお電話でご相談ください。

  • 0088-221818

受付時間

8:30~
12:30
13:00まで
14:00~
17:30

※ 火曜日・水曜日・金曜日が祝祭日の場合は午前診療となります。
※ 当院は予約制です。

アクセス

院内の様子