コラム

2020-02-25
楊先生のちょっと花粉症に良いメニュー①【楊先生のちょっとためになる話7】

みなさんの食卓にのぼる食べ物のなかにも、漢方的な薬効のある食べ物は意外に多くあります。

 

花粉症に対しても、例えば、ショウガ・シソ・ニラ・サヤエンドウ・ニッキ・ハッカ・菊の花・ユリネ・梅・茶・酢・柑橘類などがそうです。

 

食べ物で病気を治したり予防することを薬膳と呼びます。

 

それぞれの身近な食べ物の薬効をうまく応用すれば、花粉症治療の一助となることでしょう。

 

そこで、院長が友人から耳にした花粉症対策のメニューをちょっとだけお伝えしたいと思います。

 

サヤエンドウの中華スープ

ニラと豚肉の炒め物

 

 

この2つを、次回以降のコラムで2回に分けてお伝えしていこうと思います。

 

 

 

このほかにも、はじめにご紹介した食材を多く摂ることのできるメニューを考えて、花粉症の時期に積極的に食べることで、アレルギーの症状がずっと楽なものに治まることと思います。

 

皆さまの生活の中で「食」は最も重要な要素ですから、日頃から薬膳を心がけて生活することで様々な病気に打ち勝つ身体を作り出すことができるでしょう。

 

早い時期からの花粉症対策メニューで、花粉症にうち勝つ身体を準備しましょう。

 

 

花粉症について①【楊先生のちょっとためになる話1】

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20200216-2447/

 

花粉症について②【楊先生のちょっとためになる話2】

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20200218-2459/

 

花粉症について③【楊先生のちょっとためになる話3】

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20200219-2468/

 

花粉症について④【楊先生のちょっとためになる話4】

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20200221-2477/

 

花粉症について⑤【楊先生のちょっとためになる話5】

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20200222-2486/

 

花粉症について⑥【楊先生のちょっとためになる話6】

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20200223-2504/

 

 

 

当院の治療に関しては下記もご参照ください。

治療の流れ

https://www.dokutoruyo.com/about/#a3

 

治療方針

https://www.dokutoruyo.com/about/#a4

 

カッピングについて

https://www.dokutoruyo.com/about/#a6

 

中医学について

https://www.dokutoruyo.com/medicine/

 

当院について

https://www.dokutoruyo.com/about/

 

お問い合わせ

https://www.dokutoruyo.com/contact/

 

 

 

吉祥寺 中医学に基づく 花粉症

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

 

当院は予約制となります

  • まずはお電話でご相談ください。

  • 0088-221818

受付時間

8:30~
12:30
13:00まで
14:00~
17:30

※ 火曜日・水曜日・金曜日が祝祭日の場合は午前診療となります。
※ 当院は予約制です。

アクセス

院内の様子