コラム

2022/04/24
妊活の体質改善って何だろう

前回のコラムの続きで体質改善の内容は、体内環境を整え変えて行くということで着床しやすい様に体内を整えて行くことであります。

下記の様な症状のある方の症状を変えて行くと言うことです。体の冷えやすい方、常に軟便や下痢傾向の方体が冷えない様に便を普通便に取り戻す。
内膜を厚くする、基礎体温が乱れている方を整える、月経血の少ない方は内膜を厚くし月経血を増やす。内膜が薄いと月経血の量が減少傾向になるのです。
また内膜が薄いと着床も、出来にくくなるので。内膜が絨毯みたいなフワフワな状態ではなく卵胞が引っかかることが出来ない状態です。
要するに体を元気にして着床しやすいお手当を行うことです。
 

前回のコラム「当院の妊活治療目的について」https://www.dokutoruyo.com/column/cate2/20220422-3374/

コラム 女性にまつわるお話 一覧

https://www.dokutoruyo.com/column/cate2/@p11/

 

 

 
 

2022/04/26
女性患者様に良く質問される話
よく女性の患者様から月経時なぜ便秘から軟便に成りやすいのですか?と質問されることがあります。
それは、女性ホルモンとの関係が深いのです。
 
月経が始まると黄体ホルモンが減少するため、便秘症状は解消されます。しかし その反面、子宮を収縮させるプロスタグランジンの分泌により腸が異常収縮運動を起こし、故に下腹部痛をともなう下痢が起きやすくなります。 また、月経の時は心理的にも不安定な状態に陥りやすく、ストレスを受けて下痢が起こりやすくなる可能性も有ります。
 
因みにプロスタグランジンは、発熱や痛みを起こす生理活性脂質であります。
 
尚、排卵後から生理前にかけて分泌が増える「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の影響で、大腸の腸壁から水分の吸収が促され、腸のぜん動運動が抑制されるため、生理前に便秘になりやすい状態になります。
 
 
コラム一覧↓
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >

当院は予約制となります

  • まずはお電話でご相談ください。

  • 0088-221818

診療時間

8:30~
12:30
13:00まで
14:00~
17:30

※ 火曜日・水曜日・金曜日が祝祭日の場合は午前診療となります。
※ 当院は予約制です。

アクセス

〒180-0002
東京都武蔵野市吉祥寺東町1丁目17-10

院内の様子