コラム

2019-09-06
卵巣機能の加齢に対して、「時間がない」と高度な治療を勧められることに関して。

西洋医学では、女性の卵巣機能の加齢によるタイムリミットがあるので、早く高度な治療(体外受精や顕微鏡受精)へと進んでいきましょうと勧められます。

 

進む前に皆さんに一度考えて頂きたいことがございます。

内部環境をそのままに、高度な医療を行ったからといって、着床率が上がるのでしょうか。

 

検査を行なって器質的に問題がなく原因がハッキリしていない場合や、

卵巣機能が年齢以上で機能低下が生じている不妊症は、

ご自身の生殖器系の機能低下、体の内部環境が整っていないために着床率が上がりません。

 

高度医療を行えば、体の内部環境が変わり底上げされて着床率が上がるものでしょうか。

残念ながら、高度医療は内部環境を整えるために行なっているわけではございません。

 

では、内部環境を整えると何が変わっていくでしょうか。

・生理の経血量が増える(→内膜が厚くなった証)

・経血に血塊が混じらなくなった(→冷えが抜けたり、血行が促進されている)

・生理の周期が安定してきた(→女性ホルモン分泌の安定、または、ストレスが軽減され精神状態が落ち着いてきた)

・低温期から高温期へ上がる勢いがつき、2日位で上昇する(→黄体ホルモン分泌の安定)

・排卵期前の帯下のネバリが10cm程伸びるようになる(→冷えの改善、または、卵巣機能の働きが改善されてきている証)

 

上記のような部分が整っていなければ、内部環境が良いとはいえないでしょう。

 

 

もともと、不妊症というのは、器質的な問題がない場合は、病気ではなく、内部環境が整っていないことで着床する力が足りないことが起因となっております。(中医学的にみて)

 

「急がば回れ」

時間があまりないからこそ内部環境の改善を取り入れる必要があるのではないでしょうか。

 

 

当院の不妊症の治療に関しては下記を参考にしてください。

https://www.dokutoruyo.com/woman/

 

 

中医学(東洋医学)による体質無料相談も行っております。詳しくは下記を参考にしてみて下さい。

https://www.dokutoruyo.com/column/cate6/20190828-1327/

 

 

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話(フリーコール)↓

0088-221818

 

ご相談・お問い合わせフォーム↓

https://www.dokutoruyo.com/contact/

 

 

 

吉祥寺 中医学に基づく 不妊治療

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

当院は予約制となります

  • まずはお電話でご相談ください。

  • 0088-221818

受付時間

8:30~
12:30
13:00まで
14:00~
17:30

※ 火曜日・水曜日・金曜日が祝祭日の場合は午前診療となります。
※ 当院は予約制です。

アクセス

院内の様子