コラム

2022-08-19
【コラム】研修生による研修コラム#5~気の作用について~

こんにちは!楊中医鍼灸院です!

前回のコラムでは、「気について」書かせて頂きましたが今回はその続きで「気の作用」について書かせて頂きます。

 

①推動作用(すいどう…前に推し進めて動かす)

気はものを動かすという意味があります。歩く、走る、話すなど、すべての動作や行動は気の推動作用により行われています。気は血、津液をはじめ、汗、尿、便などを流通、排泄する働きがあります。血と津液は、水からの力で流れているのではありません。これは気が血や津液を押し動かして流れているのです。また汗、尿、便なども推動の働きにより排泄され、この働きが失調すると動きが緩慢になり、さらに血、津液、あるいは不要な水液が停滞することになります。便意があっても便が出にくいというのは、便を押しだす力がないためにおこることがあります。また、気には人体の生長・発育、各臓腑・経絡の生理作用を促進する働きがあり、これも推動作用の1つです。

 

②温煦作用(おんく…温めること)

気は体を温めます。人体が正常な体温を維持することができるのは、気の温煦作用の調節を受けているからです。温煦作用が失調すると、手足が冷える、寒がり、寒気、尿が薄くて多いなどの症状があらわれます。

 

③防御作用(ぼうぎょ…外邪の侵入を防ぎ護ること)

気は体表を保護し、外界からの発病素因(外邪)の侵入を防ぎます。また外邪がすでに人体に侵入してしまった場合、気はこの病邪と闘って外へ追い出し、健康を回復させるように働きます。防御作用が低下すると、外邪が侵入しやすくなり、風邪をひきやすい、すぐ熱がでる、すぐ寒気がするなどの症状があらわれます。

 

④固摂作用(こせつ…体液が漏れ出ないように引き締めること)

気は漏出する、下垂することを防ぐ働きがあります。血が体外に漏れることを防いで出血を抑え、また汗、尿、精液、帯下などの過剰な排泄を防ぎます。また内臓が一定位置から下垂しないのは、気の固摂の働きによるものです。固摂作用の低下は、各種の出血症状をはじめ、汗が止まらない、尿が漏れる、頻尿、胃下垂、子宮下垂、脱肛などの症状があらわれます。

 

⑤気化作用(きか…ものを変化させる)

気は、あるものを別なものに変化させる働きがあります。栄養物質である水穀の精微から血、津液などをつくりだし、また、不要な水液は汗や尿に変化させます。気化作用が低下すると、むくみ、汗が出ない、尿が出ないなどの症状があらわれます。

 

暑い季節になると体温調節のため汗を多くかきます。体に熱がこもらないようにするためにおこる体の生理作用ですが、汗も気によって動いているので、汗とともに気も流れ出てしまいます。体の外に漏れ出ないように引き締める力が低下してしまい、体の中にとどめておきたい水分も、ダラダラと汗をかき続けてしまうことでさらに気を消耗してしまいます。気は内臓の働きにも関係しています。気が消耗し続けてしまうと、消化器官の働きも悪くなり、食欲がなくなって飲食物の摂取が減ると、気血の生成が少なくなって体を動かす力が足りなくなってしまいます。いわゆる夏バテという状態になってしまいます。こうした季節にはしっかりと睡眠をとって体を休め、バランスのとれた食事を摂取し、体に充分な気血を巡らしてあげましょう。

 
 

東京・吉祥寺で信頼と実績により開院34年の楊中医鍼灸院です。当院は土・日・祝も診療、完全予約制です。吉祥寺駅からは徒歩10分以内。気象病(天候や気圧の変化の影響で体調を崩したり、頭痛・めまい・アトピー・神経痛・関節痛等の症状が悪化する)・アトピー性皮膚炎・妊活・体質改善・自律神経失調症・突発性難聴・慢性・急性的な痛みなど様々な治療を本場台湾にて培ってきた中医学(東洋医学)に基づいて行っております。

 

毎回しっかり問診をして、一人一人に合わせた治療プランをたて施術しております。鍼治療と共に吸玉(カッピング)を行っております。

 

ご相談などもお気軽にどうぞ。

 

ご予約・お問い合わせはこちら↓

〒180-0002 東京都武蔵野市吉祥寺東町1−17−10

お電話:0422-20-4389

メール:dokutoruyo@gmail.com

当院のGoogleのチャットからもお問い合わせ頂けます。

当院は予約制となります

  • まずはお電話でご相談ください。

  • 0088-221818

診療時間

8:30~
12:30
13:00まで
14:00~
17:30

※ 火曜日・水曜日・金曜日が祝祭日の場合は午前診療となります。
※ 当院は予約制です。

アクセス

〒180-0002
東京都武蔵野市吉祥寺東町1丁目17-10

院内の様子