コラム

2020/07/26
「気虚」タイプの食事

2020年07月22日のコラム『タイプ別の体質』で7つの体質があることをお伝えしましたが、今回のコラムでは、「気虚」についての食事のアドバイスを書き込みたいと思います。

 

タイプ別の体質(20200722)

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20200722-3169/

 

 

「気」を補う食材を意識して摂るようにするとよいでしょう。

 

「気」を補う食材には、たとえば、

さつまいも・かぼちゃ・大豆・鶏肉・米・山芋・とうもろこし・もち米・枝豆・うなぎ・シイタケ・栗・甘酒・アボカド・鮭・まぐろ・桃・ぶどう・りんごなどがあります。

 

逆に控えたほうがいい食材は、

生ものや冷たいもの、脂っこいもの等です。

 

胃腸に負担がかからないような生活を心掛けることも大切です。

 

 

セルフ健康チェック

https://www.dokutoruyo.com/check/

 

 

吉祥寺 中医学に基づく

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

 

 

2020/07/29
「血虚」タイプの食事

2020年07月22日のコラム『タイプ別の体質』で7つの体質があることをお伝えしましたが、今回のコラムでは、「血虚」についての食事のアドバイスを書き込みたいと思います。

 

タイプ別の体質(20200722)

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20200722-3169/

 

 

「血」を補う食材を意識して摂るようにするとよいでしょう。

 

「血」を補う食材には、たとえば、

ほうれん草・にんじん・豚肉・牡蠣・イカ・レバー・タコ・鶏卵・鶏肉・ナツメ・小松菜・アーモンド・ひじき・まぐろ・さば・鮭・あさり・プルーン・牛肉・黒砂糖などがあります。

 

逆に控えたほうがいい食材は、

生ものや冷たいもの、脂っこいもの、唐辛子や山椒などの辛いもの等です。

 

胃腸に負担がかからないような生活を心掛けることも大切です。

 

 

セルフ健康チェック

https://www.dokutoruyo.com/check/

 

「気虚」タイプの食事

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20200726-3171/

 

 

吉祥寺 中医学に基づく

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

 

2020/08/02
研修生による経穴まとめ【2:合谷】

経穴名:合谷

 

所属経絡:手の陽明大腸経

 

名前の由来:「合」とは集まるところであり交わりのことで、「谷」とは母指と示指の間にあって陥凹中にあるので谷に例えられた。

 

交会穴:

 

要穴:原穴。四総穴。

 

取穴:第2中手骨中点の橈側。

 

主治:頭痛、歯痛、顔面神経麻痺、無月経、月経痛、じんましん、目の充血など

 

効能:通経活絡、鎮静止痛、疏風解表、通降腸胃

 

効能解説:合谷は、大腸経の原穴で、全身の気を調整し、全身の機能活動を高める働きを持つ。

 

配穴:合谷+足三里

 

配穴解説:合谷は手の陽明大腸経の原穴で五行では火に属する。足三里は足の陽明胃経の合穴で五行では土に属する。2穴を併用すると、互いに協調しあい、調理胃腸・整腸止瀉・理気止痛などの作用が強まる。

 

参考文献:

・わかる中医学入門

・針灸二穴の効能

・まんが経穴入門

・ツボ単

・針灸経穴名の解説

 

 

研修生による経穴まとめ【0:はじめに】

https://www.dokutoruyo.com/column/cate6/20200626-3150/

 

研修生による経穴まとめ【1:脾兪】

https://www.dokutoruyo.com/column/cate6/20200628-3154/

 

吉祥寺 中医学

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

2020/08/05
「陽虚」タイプの食事

2020年07月22日のコラム『タイプ別の体質』で7つの体質があることをお伝えしましたが、今回のコラムでは、「陽虚」についての食事のアドバイスを書き込みたいと思います。

 

タイプ別の体質(20200722)

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20200722-3169/

 

 

体を温める作用のある食材を意識して摂るとよいでしょう。

 

体を温める作用のある食材には、たとえば、

にら・生姜・にんにく・ねぎ・羊肉・唐辛子・玉ねぎ・からし・黒砂糖・シナモン・胡椒・紅茶などがあります。

 

控えたほうがいい食材は、

体を冷やす作用のある食材(きゅうり・スイカ・トマト・苦瓜・ウーロン茶・ビール・緑茶など)は控えるようにしましょう。

 

 

体を冷やす食材や冷たいもの、生ものは摂りすぎないようにしましょう。

 

 

セルフ健康チェック

https://www.dokutoruyo.com/check/

 

「気虚」タイプの食事

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20200726-3171/

 

「血虚」タイプの食事

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20200729-3173/

 

 

 

 

吉祥寺 中医学に基づく

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

2020/08/09
楊中医鍼灸院の新型コロナウイルスの予防対策に関して。

当院では、新型コロナウイルスの予防対策として以下のことを心がけております。

 

□手洗い・消毒の徹底をしております。

□玄関とお手洗いに消毒液をおいております。自動で噴出されます。

□予防対策のため、常にマスクの着用をしております。

□定期的に換気を行っております。

□空気清浄機や加湿器を使用しております。

□毎朝、スタッフ一同の体温測定をしております。

□患者様が使用するベッドや顔・胸マットは、毎回アルコール消毒を念入りに行っております。

□治療用ベッドのカーテンには、ウイルス・除菌・消臭の為のウイルスエアブロッカーを備え付けております。

□うつ伏せ時に顔や胸のマットには、お一人ずつ使い捨てのペーパーを掛けております。

□ベッドシーツはお一人ずつ交換しております。

□三密にならないように予約をお取りしております。

□各問診室には、加湿空気清浄機を設置し、湿度が40%以上になるように努めております。

□加湿空気清浄機には、天然成分100%の「抗菌・除菌・消臭液」を加えております。

 

皆様方が、安心して鍼灸治療を受けられるように最善の心がけをさせて頂き、体調を整えつつ、一日でも新型コロナウイルスが早期に終息されることを強く願っております。

 

吉祥寺 中医学に基づく

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

当院は予約制となります

  • まずはお電話でご相談ください。

  • 0088-221818

診療時間

9:00~
12:00
13:00まで
14:00~
16:30

※ 火曜日・水曜日・木曜日が祝祭日の場合は午前診療となります。
※ 当院は予約制です。

アクセス

〒180-0002
東京都武蔵野市吉祥寺東町1丁目17-10

院内の様子