コラム

2020/05/23
舌が痛い・頭痛・耳鳴り[M.N]

Q1:当院の体質改善の治療を受ける前、どんなことで悩んでいましたか?またはどうなりたいと思っていましたか?

舌が痛いという聞いた事のない症状が出て、そこから体調が悪くなり、頭痛、耳鳴りがありました。

 

Q2:当院をどうやって(何で)知りましたか?HP、紹介などお知りになった方法を教えて下さい。

友人に相談した時に「中医学の鍼がいいのでは?」と言われ、検索してHPを見つけました。

 

Q3:当院知ってすぐに来院しようと思いましたか?思わなかった方は、どんな不安があって来院を躊躇(ちゅうちょ)しましたか?

思いました。

 

Q4:他にも様々な治療院がある中で、何が決め手(文章や内容など)となって、当院の治療を受ける決意をしましたか?

実際に中医学の鍼をやった事がある友人が効果があると言っていたので。

 

Q5:体質改善の治療を受けてみていかがですか?

症状がなくなったり、軽くなったので、治療を受けて本当によかったです。

 

Q6:実際に治療を受けられ、良かった点を3つほど教えて下さい。

①つらい症状をとっていただけた。

②気になる事を伝えると、それに応じた治療にして下さる。

③不安や愚痴をこぼしても、先生が受けとめて下さるので、気持ちが楽になる。

 

Q7:もし、当院をご友人にご紹介いただけるとしたら、何と言って紹介されますか?

今回の私の様に何科にかかれば良いのか分からない場合や、複数の症状で悩まされている場合には、体質改善が有効だと思うと言います。あと、とても優しい先生だよ~!と。

2020/05/24
新型コロナウィルスの流行とともに

新型コロナウィルスの流行とともに、「免疫力」などの言葉を聞くことも増えていますね。

 

当院は開業当初より、急性・慢性症状の改善だけでなく、予防養生にも力を入れております。

予防養生の観点から、患者様の申し出がなくとも、免疫力が高まるようにツボを刺激しています。

 

今後も免疫力を高めるなどの予防養生は大切になると思います。

 

また、生活リズムが変わったことや、精神的なストレスが増したことなどによって、心や体に少しずつ不調が出始めている方が増えてきています。

 

この状態を放っておくと不調が強いものへと進んでいってしまいます。

 

中医学では、「未病」のときにきちんと心と体のケアをすることをオススメしています。

「未病」とは、まだ病気ではないけど健康でもない状態のことです。

 

「未病」については下記をご参照ください

https://www.dokutoruyo.com/premature/

 

早め早めに心と体のケアをしていくことが大切です。

 

 

玄関とお手洗いに消毒液を置いてあります。

自動で噴出されますので、安心してお使いください。

 

そのほか、当院のコロナ対策はコチラ↓

https://www.dokutoruyo.com/column/cate3/20200424-3044/

 

 

 

 

当院の治療に関しては下記もご参照ください。

 

治療の流れ

https://www.dokutoruyo.com/about/#a3

 

治療方針

https://www.dokutoruyo.com/about/#a4

 

カッピングについて

https://www.dokutoruyo.com/about/#a6

 

中医学について

https://www.dokutoruyo.com/medicine/

 

当院について

https://www.dokutoruyo.com/about/

 

お問い合わせ

https://www.dokutoruyo.com/contact/

 

吉祥寺 中医学に基づく 免疫力

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

 

2020/05/29
ストレスについて~はじめに~【楊先生のちょっとためになる話51】

「ためになる話」では、数回に分けて『ストレス』 についてお話ししたいと思います。

 

現代社会の生活はストレスとの戦いと言っても過言ではありません。

 

ストレスを避けようと思ってもなかなか難しく、日々たまってしまいがちです。

 

けれどストレスを小さい芽のうちに摘んでおけば病気に繋がることはありません。

 

〝ストレスはたまるもの、でもできるだけためすぎない〟

そんなストレス解消法も紹介しています。

 

ぜひ参考になさってください。

 

当院の治療に関しては下記もご参照ください。

治療の流れ

https://www.dokutoruyo.com/about/#a3

 

治療方針

https://www.dokutoruyo.com/about/#a4

 

カッピングについて

https://www.dokutoruyo.com/about/#a6

 

中医学について

https://www.dokutoruyo.com/medicine/

 

当院について

https://www.dokutoruyo.com/about/

 

お問い合わせ

https://www.dokutoruyo.com/contact/

 

 

吉祥寺 中医学に基づく ストレス

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

 

2020/05/30
ストレスについて~ストレスって何?~【楊先生のちょっとためになる話52】

ストレス社会の昨今、大人だけでなく子供やペットまでもがストレスにさらされながら生活しています。

 

ただストレスにさらされているだけならまだよいのですが、ストレスは様々な病気までも招いてしまいます。

 

昔は「風邪は万病の基」などと言いましたが、最近では『ストレスも万病の基』と言っても過言でないくらい様々な病気と関連があります。

 

さて、そんな皆様にもお馴染みの「ストレス」とは一体どのようなものなのでしょうか?

 

ストレスという言葉はカナダの生理病理学者ハンス=セリエが医学に取り入れた用語で「寒冷・外傷・疾病・精神的緊張などが原因になって体内でおこる防衛反応」のことを指します。

 

人間の体は、刺激・精神的緊張などに対して常に一定の安定した働きを営むようになっています。

※これを生理学的にホメオスタシス(恒常性の維持)と言います。

 

何らかの生体への刺激はこのホメオスタシスを一時的に乱し、乱されたホメオスタシスの機能は元に戻そうとします。

 

つまり刺激によって体内に起こる変化 、また元に戻そうとする反応をひっくるめて『ストレス』と呼んでいます。

 

そして、ストレスとなる要因刺激を『ストレッサー』と言います。

 

この関係はよく軟らかいボールに例えられます。

 

軟らかいボールを指などで押してみると、ボールはへこむと同時に元に戻ろうとします。

 

この場合、ボールが生体で指がストレッサーにあたります。

 

もし、このまま指の力をゆるめずにいたら、ボールは変形してしまうでしょうし、更に指の力を強めていけばボールは破裂してしまうでしょう。

 

このボールの変形や破裂は身体の不調や心の病を意味します。

 

「ではもっと具体的に我々の生活を例にしてみましょう。」

ゆったりとした気分で観ていたテレビ番組を突然変えられたり、テレビを観ている時に用事を言いつけられて、テレビ観賞を中断させられた時に嫌な気分になります。

 

このことがホメオスタシスを乱し、乱されたホメオスタシスは生体を元のゆったりとした気分に戻そうとして機能します。

 

この嫌な気分をストレス状態と言います。

 

しかし、このような事は誰もが経験していることで、要するに生きている限り人間にとってストレスは避けて通 れないものと思います。

 

 

 

 

当院の治療に関しては下記もご参照ください。

治療の流れ

https://www.dokutoruyo.com/about/#a3

 

治療方針

https://www.dokutoruyo.com/about/#a4

 

カッピングについて

https://www.dokutoruyo.com/about/#a6

 

中医学について

https://www.dokutoruyo.com/medicine/

 

当院について

https://www.dokutoruyo.com/about/

 

お問い合わせ

https://www.dokutoruyo.com/contact/

 

 

吉祥寺 中医学に基づく ストレス

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

 

2020/05/31
ストレスについて~ストレスに脅かされやすい“4つのタイプ”~【楊先生のちょっとためになる話53】

ストレスが溜まったり、さらに進むと自律神経に影響を及ぼします。

 

生体に刺激が加わると脳下垂体という所を通して副腎ホルモンが分泌されます。

 

このホルモンが自律神経を仲介役として各器官に作用し、刺激が生体に与える影響を最小限に止める様にします。

 

しかし、ストレッサーによる刺激がある限度を超えたり、 長く続くと体内の防衛力は破壊されます。

 

すると、心拍数の増加・血圧上昇・筋肉の過緊張などの生体反応が現れます。

 

この様な状態が更に長く続けば、体には疲労が溜まり病気にかかりやすくなります。

 

症状の段階としては筋緊張→凝り→食欲低下→疲労感→不眠→イライラ→憂鬱感→不安などのストレス反応が現れ、更に進むと 高血圧・胃潰瘍・慢性下痢・頭痛などの疾病や精神疾患・心身症・社会不安障害を発生させます。

 

ストレスは環境に対する適応力が欠けやすい方に生じます。

 

次回以降でストレスに脅かされやすい4つのタイプを紹介いたします。

 

 

 

 

当院の治療に関しては下記もご参照ください。

治療の流れ

https://www.dokutoruyo.com/about/#a3

 

治療方針

https://www.dokutoruyo.com/about/#a4

 

カッピングについて

https://www.dokutoruyo.com/about/#a6

 

中医学について

https://www.dokutoruyo.com/medicine/

 

当院について

https://www.dokutoruyo.com/about/

 

お問い合わせ

https://www.dokutoruyo.com/contact/

 

 

吉祥寺 中医学に基づく ストレス

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

当院は予約制となります

  • まずはお電話でご相談ください。

  • 0088-221818

診療時間

8:30~
12:30
13:00まで
14:00~
17:30

※ 火曜日・水曜日・金曜日が祝祭日の場合は午前診療となります。
※ 当院は予約制です。

アクセス

〒180-0002
東京都武蔵野市吉祥寺東町1丁目17-10

院内の様子