コラム

2019/10/05
慢性的な下痢症状~楊中医鍼灸院治療体験談2~

武蔵野市吉祥寺在住T.Kさん

 

この方は、慢性的な下痢症状のため、当院に来院されました。

 

いろいろな病院で検査をしたのですが、胃腸には何の異常も見つからず、整腸薬を長く投与されていたのですが、結局、症状は改善されなかったそうです。

 

初診時に体質を判断した結果、T.Kさんは「冷え」タイプに当てはまりました。さらに、中医学的にみて、「脾」と「腎」という部分も働きが低下していることがわかりました。

また、問診をしていくうちに、食生活に問題があることがわかったのです。

 

T.Kさんは、身体に良いということで、毎朝、ヨーグルトにトマトやキウイなどを混ぜて食べる習慣がありました。

ヨーグルトは、整腸作用のある食べ物ではありますが、トマトやキウイは、食べ物の中では「寒タイプ」の食材であり、あまり摂りすぎると、身体を冷やしてしまうのです。

 

 

T.Kさんはもともと「冷え」の体質でありましたので、「寒タイプ」のものを摂りすぎたために、身体をさらに冷やしてしまうこととなり、身体を温める力が損なわれることによって、「脾」と「腎」に負担がかかってしまったのです。

そのために、「脾」と「腎」のエネルギー不足が長く続き、結果的に、慢性的な下痢症状が起きていたのです。

 

中医学的に、「脾」と「腎」という臓器は冷えを嫌がり、さらに排便にも関わっています。

人間の身体が冷えると、普通に摂取している水分を排泄しにくくなり、身体に余分な水分を溜め込んでしまいます。

 

そうなると、身体の防御反応で、余分な水分を「下痢」という形で強制的に排泄するのです。

 

下痢として水分を排出すれば、必要な栄養も一緒に出て行ってしまい、当然、充分な栄養吸収がなされないので、エネルギー不足となり、身体が温まらなくなるという悪循環を起こしてしまいます。

 

T.Kさんは、こうような状態を繰り返すことにより、慢性的な下痢症状を起こしてしまっていたのです。

 

当院では、T.Kさんに身体の芯が温まる鍼灸治療を施し、さらに体を温める食事を摂るように指導しました。

 

T.Kさんは、治療を受けていくうちに、段々と便の症状が改善されていきました。

 

T.Kさんは現在も、週に1~2回の治療を継続することで、症状の回復とともに、脳梗塞の再発防止など、その他の症状の予防にも繋がっております。

また、80歳という年齢にもかかわらず、元気に海外旅行にも出掛けていらっしゃいます。

 

 

吉祥寺 中医学に基づく 慢性的な下痢

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

2019/10/06
不眠とのぼせ、高血圧~楊中医鍼灸院治療体験談3~

神奈川県川崎市在住O.Kさん

 

この方は、不眠とのぼせ、高血圧を訴え、当院へ来られました。

午後になると、手足や顔がほてり、血圧が上がり、のぼせを感じ、不眠になっているということが特徴でした。

 

病院で処方された入眠剤を服用すれば、寝つきやすくはなったのですが、顔のほてり・血圧のほうは安定しない状態が続いたので、親戚の紹介で、当院を受診されました。

 

問診や舌診などを行なった結果、「肝陽上亢(かんようじょうこう)タイプ」であると判断いたしました。

肝陽上亢とは、簡単に説明すると「体を温めるエネルギーが過剰になりすぎて、体の上部にその熱が集まってしまった状態であります。

 

このタイプのほてりの原因は、身体を温め過ぎないように熱を抑える機能(車でいえばラジエーターのような機能)が失調してしまうことにあります。

その結果、ほてり・のぼせ・血圧上昇・入眠困難といった症状を起こしてしまったのです。

 

本来、人間の身体は午後になると、段々と活動を抑えていくようになっています。

暗くなれば、自然と体の動きも穏やかになり、睡眠をとろうとするのです。

しかし、このO.Kさんの場合は、その自然な形が崩れてしまっていました。

 

そこで、当院ではこの崩れを正常に戻してあげるために、肝陽上亢タイプの治療に対して、「平肝潜陽(へいかんせんよう)」という治則をとり、治療を行ないました。

平肝潜陽とは、上がっているエネルギーを下方に下げる治療です。

 

O.Kさんには、体の上部に過剰になりすぎた体をエネルギー(体を温めるエネルギー)を鎮めて、元あった場所(この方の場合は、肝)に収めてあげるツボを選んで治療を行ないました。

 

その結果、体の中の温めるエネルギーと、滋養するエネルギーのバランスがとれるようになり、のぼせる等の症状も自然と消失していきました。

 

 

当院の不眠症の治療に関して↓

https://www.dokutoruyo.com/fuan/

 

 

吉祥寺 中医学に基づく 不眠 のぼせ 高血圧

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

2019/10/08
突然の顔面神経麻痺~楊中医鍼灸院治療体験談4~

東京都田無市在住Y.Sさん

 

 

Y.Sさんは、朝起きたら突然目が上手く開かず、右側の顔面に違和感・つっぱり感があったそうです。

 

その後、美容院に行ったところ「それは鍼灸治療をしたほうが良いよ」と、美容師に勧められて当院を受診されました。

 

お話を聞くと、長い間娘さんのことで心配事があり、ストレスも結構あるそうです。

 

また、前日に冷たい風を右顔面部にかなり継続的に受けていたということでした。

そして、朝起床したら、顔面部にこわばりがあり、口も上手く開かなくなり、引っ張られる感じが生じたとのことでした。

 

中医学的に考えると、この方の原因は、冷たい風を顔面に受けすぎたことにあります。

 

このような場合の治療は、顔面部への鍼と、気血の流れを良くする手や足のツボを使用します。

 

Y.Sさんの場合、発病してまだ日が浅かったため、トータルで7回くらいの治療を行なったところ、すっかり良くなりました。

 

顔面神経麻痺の治療は、早ければ早いほど、治りも早くなります。

 

吉祥寺 中医学に基づく 顔面神経麻痺

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

2019/10/09
アトピー性皮膚炎~楊中医鍼灸院治療体験談5~

東京都国分寺市在住H.Yさん

 

H.Yさんは、アトピー性皮膚炎に長年悩まされ続け、さまざまな西洋医学的なアプローチから治療を受けてこられた方です。

しかし、症状はなかなか改善されず、痒みで夜も眠れないほどでした。

 

特に夏場は、発汗により皮膚が赤くなり、痒みが増す。それがストレスとなり、また痒みが増していく。その繰り返しで苦しんで、どうにかしてその苦しみから脱したい、と、友人のご紹介で当院に来院されました。

 

当院ではまず、問診をしながら、今この方がどの様なタイプのアトピーであるかを振り分けました。

 

H.Yさんは、皮膚が乾燥しやすく、粉が吹いた状態になりやすい肌でした。そして、皮膚には所々に赤黒い部分がありました。また、皮膚をかいた後には、滲出液(膿のような液体状のモノ)は出ないということでした。

 

このタイプは、基本的には肌を潤す成分「血」が不足し、かつ「血」の流れが良くない状態と判断いたしました。

 

 

肌を潤す「血」の力が弱いので乾燥肌になってしまうのです。所々、皮膚の表面が赤黒くなっているのは、「瘀血」といって、「血」の流れが停滞している状態なのです。

 

また、痒みが増すと、体にとって大きなストレスとなります。そのストレスは、体の熱量を増幅し、さらにその熱で痒みが増してしまうのです。

 

このような状態では、痒みを抑える薬を塗っても一時的に良くなるだけで、元々の原因を改善しなければなかなか快方へと向かっていきません。

 

そこで、当院では、「血」を増させる治療と、「血」の流れを改善する「活血化瘀」という治療を行ないました。

 

治療を重ねるうちに、H.Yさんの症状は段々と改善され、今では乾燥肌もなくなり、粉吹き状態になることもなくなりました。

 

また、痒みもあまりないのでストレスも緩和され、夜もよく眠れるようになったそうです。ご本人曰く、「今までは疲れやすく、やる気も起きなかったけれど、最近は、体も疲れなくなってきました。」ということでした。

 

H.Yさんは現在も予防養生のために定期的に通院しております。

ちなみに、この方は喘息の症状もお持ちでした。毎年秋口になると発作が出ていましたが、今年はそれも出ていないそうです。

アトピー性皮膚炎への治療にくわえて、喘息へのアプローチも同時に行なっていた効果が出たようです。

 

アトピー性皮膚炎と喘息は病名が異なるのにどういうことなのだろうか、と不思議に思われるかもしれませんが、そこには中医学独特の考え方があるのです。

つまり、異なる病名(診断名)であっても、その根本的な原因が同じであれば、同時に治療することが可能なのです。

従って、H.Yさんのように、アトピー性皮膚炎と喘息の併発でも、根本的な原因が同じである場合は、同時に治療することで改善が見られてくるのです。

 

 

アトピー性皮膚炎の治療に関しては、症状の度合いにもよりますが、半年から一年ほどはかかると思います。

根気よく治療を行なっていけば、H.Yさんのようにきっと良い結果が出ることと思います。

 

 

当院を受診されるアトピー性皮膚炎の患者様の多くは、皮膚が炎症を起こして赤くなり、お肌も乾燥する、いわゆる「乾燥肌」で、「皮膚の色が赤黒くなる」という方です。

その次に多く受診されるのが、中医学では、「血熱タイプ」といわれる患者様です。

症状は、皮膚の炎症が強く、真っ赤になり、お肌も乾燥し、かくと出血したり、滲出液が出たりします。これは体内に熱がこもって、新陳代謝が低下している状態なのです。

 

「血熱タイプ」は、吸玉(カッピング)を使い、体内にこもった熱を抜き取ってあげる治療をすることで症状が改善されやすくなります。

こもった熱を毛穴から外に出すことで、ステロイド剤のような皮膚の炎症を抑える対症療法とは異なった治療が行なえますし、体質改善にもつながります。

もちろん、吸玉(カッピング)だけでなく、鍼治療も併用する必要があります。

吸玉(カッピング)に関して詳しく知りたい方は気軽にご相談ください。

 

 

当院の吸玉(カッピング)について↓

https://www.dokutoruyo.com/about/#a6

 

 

当院のアトピー性皮膚炎の治療に関して↓

https://www.dokutoruyo.com/atopy/

 

 

吉祥寺 中医学に基づく アトピー性皮膚炎

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

 

2019/10/15
不妊症~楊中医鍼灸院治療体験談6~

東京都田無市在住Y.Sさん

 

Y.Sさんは、西洋医学の検査を受けてどこにも問題がなかったのですが、月経の量も少なく、体も冷えやすく、以前に2度、流産を経験されていました。その後、妊娠できなくなり、体も非常に疲れやすく、冷えると軟便にもなりやすかったそうです。

 

舌の色を見ると、淡紫で肥大していました。これは、中医学では「冷えて疲れやすい」状態を意味します。

脈診をしてみると、脈も遅く、脈に力がありませんでした。

 

 

問診・舌診・脈診などを総合的に分析した結果、Y.Sさんは「腎陽不足・陰血不足」であると考えられました。

これは、体を温める力と、体に血液を充分に行き渡らせる力が不足している状態を意味します。

 

ですから、軟便になったり、月経量が少なくなったりしていたのであります。

 

このようなタイプの方は、子宮内膜がうすい傾向にあります。

内膜がうすいと、精子が着床しづらくなってしまい、不妊症の要因になりやすいのです。

「お布団」に例えると、内膜がうすいということは「せんべい布団」状態になってしまっているということ。

そのために、精子をふんわりとキャッチすることができなくなってしまうのです。

 

そこで、当院ではY.Sさんに、体を温める治療と、血液の流れをスムーズにさせる治療を重点において行ないました。

 

Y.Sさんは治療を継続することによって、冷えの症状も減少し、月経量も増加いたしました。

その結果、婦人科で検査をしたところ、もとは0.5㎜しかなかった内膜が、1.2㎜になっていました。

そして、Y.Sさんは、3ヵ月後に妊娠をされ、無事に出産を終えることができました。

 

Y.Sさんは、治療の効果がスムーズに出た結果と言えますが、同じような症状の方でしたら、期間の差は出るものの、根気強い治療により妊娠に近づけると考えております。

 

基本的には、体質改善には、半年~2年くらいかかると思ってください。

個人差がありますが、一般的には1年前後かかることが多いです。

この点を理解した上で、鍼灸治療を受けるようにしてくださいませ。

 

 

 

 

 

 

当院の不妊症の治療に関しては下記を参考にしてください。

https://www.dokutoruyo.com/woman/

 

 

当院のコラムには不妊症に関係することも記載されております。下記を参考にしてみてください。

コラム『不妊症や月経に関するコラム一覧 2019年夏』

https://www.dokutoruyo.com/column/cate2/20191002-1561/

 

 

中医学(東洋医学)による体質無料相談も行っております。詳しくは下記を参考にしてみて下さい。

https://www.dokutoruyo.com/column/cate6/20190828-1327/

 

 

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話(フリーコール)↓

0088-221818

 

ご相談・お問い合わせフォーム↓

https://www.dokutoruyo.com/contact/

 

 

 

吉祥寺 中医学に基づく 不妊治療

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

当院は予約制となります

  • まずはお電話でご相談ください。

  • 0088-221818

診療時間

9:00~
12:00
13:00まで
14:00~
16:30

※ 火曜日・水曜日・木曜日が祝祭日の場合は午前診療となります。
※ 当院は予約制です。

アクセス

〒180-0002
東京都武蔵野市吉祥寺東町1丁目17-10

院内の様子