コラム

2019/11/24
蒸し魚 2019年台湾研修⑧

台湾にいる際、写真のようなお魚料理を何度か食べましたが、身も柔かく、とても美味しかったです。

 

そのままでも美味しいですし、ご飯にかけて食べても美味しかったです。

ご飯が進みます。

 

吉祥寺 中医学に基づく

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

台湾 魚

2019/11/26
迪化街 2019年台湾研修⑨

コラム『愛玉子 2019年台湾研修⑥』(https://www.dokutoruyo.com/column/cate4/20191122-1873/)で、漢方街でとお伝えしましたが、正確には、「迪化街」というところ。

イメージしやすいよう漢方街とお伝えしました。

 

 

 

さて、「迪化街」を日本語で何と読むでしょうか。

 

 

 

 

 

 

正解は、「てきかがい」。

「迪(てき)」という字には、道・道徳・導く・進むなどの意味があります。

 

 

迪化街の「迪化」とは、

台湾在住作家、武蔵野大学客員教授の片倉佳史氏によると、新疆省のウルムチの古称「迪化」に由来するそうです。

 

 

 

ちなみに、「迪化街」を中国語で読むと、「ディーホアジェ」。

日本でも人気の場所「迪士尼樂園」と最初の文字が同じです。

 

 

 

 

 

 

「迪士尼樂園」はディズニーランドのこと。

(※ディズニーシーは、「迪士尼海洋」。)

 

ディズニーという音に近い漢字をあてると、「迪士尼」となります。

 

 

 

 

迪化街には、生薬や乾物が並んだお店がずらり。お茶も販売しておりました。

 

 

西洋建物が並んでいて、歴史を感じられる場所です。

 

 

興味のある方は、一度足を運んでみると良いかと思います。

 

 

参考サイト

迪化街 | 台湾観光-台北ナビ

https://www.taipeinavi.com/miru/184/

 

台北の迪化街(ディーホアジェ)を100%楽しむ!行き方&おすすめグルメ&ショップガイド | ライフスタイリングログ

https://lifestylinglog.com/how-to-enjoy-dihuajie/

 

 

 

吉祥寺 中医学に基づく

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

迪化街 台湾

2019/11/27
中華テーブル 2019年台湾研修⑩

中華料理店でおなじみの回転テーブル。

 

 

15人で食事をした際、写真左上の大きい回転テーブルで食事をいただきました。

あまりの大きさに一同ビックリ。

 

 

皆様も見たことのある、この回転テーブル。

 

 

なんとなく、中国が発祥なのかなと思っていたところ、どうやら違うようです。

 

 

調べてみたところ、発祥の地は日本だそうです。

 

 

 

目黒雅叙園の創業者、細川力蔵氏が1932年に発案したもので、おもてなしの心から誕生したそう。

 

ホテル雅叙園東京(https://www.hotelgajoen-tokyo.com/history)より以下抜粋。

「席に座ったまま料理をとりわけ、次の人に譲ることができないか」という”おもてなしの心”から誕生したもの。現存する最古と言われる回転テーブルは綺麗に修復され、今も大切に使用されています。

 

 

目黒雅叙園で誕生した回転テーブルは、日本各地の中華料理店に広まり、その回転テーブルを見た

中国人が、中国で広めたそうです。

 

 

 

ホテル雅叙園東京では、最古といわれる回転テーブルを今も大切に使用しているそうです。

上記ホームページには、写真が載っていますが、普段目にする回転テーブルよりも豪華なつくりに見えます。

 

 

 

 

 

15人で利用した大きい回転テーブルは、大きいだけあって、回転させて自分の元に持ってくるのに、いつも以上にグルグルさせる必要がありました。

体験したことのない大きさでしたので、面白かったです。

 

料理はどれも美味しくいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

吉祥寺 中医学に基づく 

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

台湾 中華 回転テーブル

 

2019/11/30
宮原眼科 2019年台湾研修⑪

台中市にある「宮原眼科」というお店に行ってきました。

 

コチラ、眼科というお名前ですが、お菓子が販売されていたり、レストランがあるお店となっております。

 

元々、日本人医師の宮原武熊さんという方が眼科として使用していたようです。

 

観光客で賑わう店内は、10月後半で、ハロウィン前にも関わらず、クリスマス仕様となっておりました。

店員さんとお話しした時に、クリスマス仕様について、「商売は先取りです」とおっしゃっていました。

そのおかげ(?)で、10月後半にも関わらず、クリスマス仕様の宮原眼科を見ることが出来たのは、なんとなくラッキーな気がしました。

 

観光客は、日本人も多く見られましたが、その他、様々な国の言葉が聞こえてきました。

 

1階には、パイナップルケーキやお茶、チョコレートなど様々なお菓子が販売されており、2階には、レストランがありました。

今回レストランには立ち寄りませんでしたが、お手洗い(3階にある)をお借りしたときに、レストラン内が見えたのですが、素敵な雰囲気でした。

 

 

店員さんは、日本語ができるので(全員かはわかりませんが)日本の方でも安心かなと思います。

 

箱なども可愛く素敵なので、お土産に良いかと思います。

 

 

 

下記のサイトに写真など綺麗に載っていますので、良かったらご覧ください。

 

宮原眼科 | 台湾の建築【世界建築巡り】

https://architecture-tour.com/world/taiwan/miyahara-ophthalmology/

 

台中の美しすぎるスイーツショップ「宮原眼科」の上品なパイナップルケーキは、日本人ウケ抜群! | TABIZINE~人生に旅心を~

https://tabizine.jp/2018/11/21/218192/

 

台中の宮原眼科で味わう台湾グルメの美味しい処方箋♪ | 旅Pocket(旅ポケット)旅Pocket

https://www.tabikobo.com/tabi-pocket/asia/taiwan/article6519.html

 

宮原眼科(台湾台中)の総まとめ!大人気スイーツショップの楽しみ方 | ぷちち台湾 台湾観光

https://petit-tw.jp/miyahara/

 

 

吉祥寺 中医学に基づく 

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

台湾 宮原眼科 お土産

2019/12/01
12月が旬の食べもの

人間も自然の一部。旬の食材を取り入れるように心がけましょう。

 

 

12月が旬の食べものをご紹介いたします。

 

チンゲン菜、長いも、レンコン、みかん、小松菜、野沢菜、芽キャベツ、ブロッコリー、長ねぎ、ししゃも、大根、セリ、ほうれん草、金目鯛、伊勢海老、ハマチ、春菊、牡蠣、たらこ、にしん、白菜、ふぐ、小豆、のり、里芋、人参、サバ、たら、ぶり、ひらめ

などがあります。

 

 

 

 

吉祥寺 中医学に基づく 食養生

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

 

 

当院は予約制となります

  • まずはお電話でご相談ください。

  • 0088-221818

受付時間

8:30~
12:30
13:00まで
14:00~
17:30

※ 火曜日・水曜日・金曜日が祝祭日の場合は午前診療となります。
※ 当院は予約制です。

アクセス

院内の様子