コラム

2019/07/27
漢方薬を正しく服用するためには。

当院に治療へ来る患者様から度々、漢方の相談や「漢方の効果がないのですが…」、「漢方を服用しているが体調が思わしくない感じがする」などとお話を聞くことが多く、今回このようなブログを掲載させて頂きました。

 

クリニックや病院などで漢方薬を処方して頂く際のご参考になれば幸いです。

 

日本の大学医学部での東洋医学に関する学習は基本概論だけで少ないため、全ての医師が東洋医学・漢方に関して精通しているとは限りません。もちろん、個人で再度東洋医学の勉強に励み、本場へ留学したり、学識を深めている先生も沢山おります。

本質的な話として、漢方薬は本来、病名に対して漢方薬の処方を出すものではございません。

患者さんの自覚症状・体質を把握し、体力の強弱・病の進行具合、病位、病性なるものを把握して出されるのが本来の漢方薬の出し方なのですが、専門外の医師が本質的な部分を理解していないために、西洋薬の様に、病名・症状に対して漢方薬を出しています。その為、体質等に適合していないと効果が出ない場合があります。

 

医師が漢方に精通しているかどうかの見分け方として、症状以外に対して嗜好や、普段の生活状況、食欲、睡眠、便通などの様々な角度から問診を行っているか

そして、脈の打ち方を診ているか、舌の色や形、舌に付着している苔の具合を診ているか

これらの診察行為を行わなければ、患者の体質や病位・病性を把握出来ませんので、適格な漢方を処方することは難しいかと思われます。

(※注意が必要なのが、体質を判断していなくても、まれに一致することがあり、そのような場合効果がでることがあります。また、舌や脈をみているからといって、体質を判断しているとは限らない場合もあります。)

 

ちなみに、脈は、脈の打つ速さ、力加減、細いか太いか、浮いているか沈んでいるか等の数種類の脈に振り分け、病質【体質(寒・熱)】、病位【病の進行具合】を診ております。

 

 

漢方薬を頂く際は、上記の診察(体質判断など適格な処方)を行っている所が良いかと思います。

あるいは、漢方専門のクリニック等での受診をおすすめ致します。

 

 

吉祥寺 中医学に基づく 体質改善

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

2019/07/28
おすすめ漢方薬一覧

2019年7月3日から、コラムにおすすめの漢方薬をご紹介してきました。

以下一覧を載せておきます。

 

コラム『アトピー性皮膚炎』

https://www.dokutoruyo.com/column/cate6/20190703-955/

 

コラム『喘息の漢方薬』

https://www.dokutoruyo.com/column/cate6/20190705-967/

 

コラム『突発性難聴の漢方薬』

https://www.dokutoruyo.com/column/cate6/20190707-988/

 

コラム『過敏性腸症候群の漢方薬』

https://www.dokutoruyo.com/column/cate6/20190709-997/

 

コラム『自律神経失調症の漢方薬』

https://www.dokutoruyo.com/column/cate6/20190710-1009/

 

コラム『遺精の漢方薬』

https://www.dokutoruyo.com/column/cate6/20190712-1021/

 

コラム『うつ病の漢方薬』

https://www.dokutoruyo.com/column/cate6/20190713-1030/

 

コラム『更年期障害の漢方薬』

https://www.dokutoruyo.com/column/cate6/20190714-1042/

 

コラム『頭痛の漢方薬』

https://www.dokutoruyo.com/column/cate6/20190716-1054/

 

コラム『冷え性の漢方薬』

https://www.dokutoruyo.com/column/cate6/20190717-1063/

 

コラム『男性更年期障害の漢方薬』

https://www.dokutoruyo.com/column/cate6/20190719-1075/

 

コラム『腰部脊柱管狭窄症の漢方薬』

https://www.dokutoruyo.com/column/cate6/20190720-1087/

 

コラム『顔面神経麻痺の漢方薬』

https://www.dokutoruyo.com/column/cate6/20190721-1102/

 

コラム『不眠症の漢方薬』

https://www.dokutoruyo.com/column/cate6/20190723-1111/

 

コラム『不妊症の漢方薬』

https://www.dokutoruyo.com/column/cate6/20190724-1120/

 

 

 

吉祥寺 中医学に基づく 体質改善

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院 

2019/07/31
夏野菜

梅雨が明けたと思ったら、とても暑くなりました。

 

夏が旬のすいかやきゅうり、トマトなどは体にこもった熱を冷ます働きがあります。

暑くなってきたこの時期にピッタリです。

 

暑くなってきて体調を崩すかたも多くいます。

水分補給をこまめにして体調管理に気をつけましょう。

 

ただし、水分補給の際に、冷たいものを多く摂りすぎないよう注意しましょう。

 

冷たいものを摂りすぎて胃腸の働きを弱めてしまう人も…。

 

胃腸の働きが低下すると、「気」を作る力も低下してしまい、

なんだか怠い、食欲がない、下痢や軟便をしてしまうといった症状が出てきます。

 

その症状を放置したまま、冷えた飲み物を摂取していると、

秋冬になるころには余計に体調が悪くなる可能性が!

 

暑いからといって冷たいものばかり摂取しないよう気をつけましょう。

 

すでに体調が悪いという方は、生活を見直すとともに、中医学に基づく体質改善の鍼灸治療もおすすめです。

 

 

吉祥寺 中医学に基づく 体質改善

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院 

2019/08/02
8月が旬の食べもの

本日も暑いですね。

水分補給をしっかりとしましょう。ただし、冷やしすぎは注意です。

 

8月が旬の食べものをご紹介いたします。

 

らっきょう、しょうが、もやし、トマト、大葉、かぼちゃ、冬瓜、ゴーヤ、きゅうり、かんぴょう、枝豆、とうもろこし、ナス、さやいんげん、ピーマン、パプリカ、エリンギ、唐辛子、すもも、すいか、メロン、バナナ、ブルーベリー、パイナップル、桃、マンゴー、アセロラ、エビ、鯛、さば、ほっけ、あじ、あゆ、いわな、サザエ、アワビ

などがあります。

 

ふだんの食事に旬のものを取り入れてみてください。

 

吉祥寺 中医学に基づく 食養生

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

2019/08/03
冷房の風

本日も暑いですね。

 

冷房のきいた電車に乗ると寒く感じます。

 

直接、風の当たらない位置にいたほうがいいのですが、混み具合によっては、風が直接当たる位置になることも…。

 

そんなとき首の後ろの寒気がまとわりつく感じがあり、電車から降りても首元がゾクゾクする状態が続きます。

放置しておくと、風邪を引くような感覚があります。

 

そうような感覚があるときは、帰ってお風呂に入るときに、

首の後ろから背中にかけてをシャワーで長めに温めます。

 

 

冷房のきいた場所にいるときには、上着などで調節するとよいでしょう。

 

 

冷房によって体が冷えてしまったときは、

シャワーで体を温めたり、温かいものを飲んで体を温めることをおすすめいたします。

 

 

 

吉祥寺 中医学に基づく 冷え

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

当院は予約制となります

  • まずはお電話でご相談ください。

  • 0088-221818

受付時間

8:30~
12:30
13:00まで
14:00~
17:30

※ 火曜日・水曜日・金曜日が祝祭日の場合は午前診療となります。
※ 当院は予約制です。

アクセス

院内の様子