コラム

2019/06/01
体を温める食材

食材には、体を温めるものもあれば、冷やすものもあります。

 

今回は、体を温める食材を少しだけご紹介いたします。

 

納豆・カブ・かぼちゃ・にら・にんにく・羊肉・パクチー・ラッキョウ・唐辛子・からし・シナモン・ヨモギ・鶏肉・エビ・ねぎ・玉ねぎ・胡椒・生姜・いわし・黒砂糖・もち米・紅茶など

 

のぼせが強い方はとり過ぎに注意しましょう。

 

これから暑くなってくると、ついつい冷たいものを取ったり、冷房によって体が冷えてしまうことも。

そんなときは、上記の食材をプラスする生活を心掛けましょう。

 

吉祥寺 中医学に基づく 体質改善

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

2019/06/02
ドライフルーツ 輪ぎりレモン

スタッフ篠原です。

 

セブンイレブンで購入いたしました。

 

酸っぱいのが強いのかなと思って食べてみると、しっかりと苦味もありました。

 

中医学で、

酸味→「肝」の働きを補う

苦味→体の熱を取り去る

作用があるとされています。

 

「肝」は気の流れをよくする働きがあります。

ストレスの影響を受けやすい部分でもあります。

 

ストレスやイライラ感が強かったり、のぼせやほてり、めまい、目の充血、頭痛など頭部の症状が出ている方などに、

酸味と苦味のある「やわらかドライフルーツ 輪ぎりレモン」オススメです。

 

 

 

吉祥寺 中医学に基づく 体質改善

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

2019/06/04
湿気とアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の方は、中医学でいくつかのタイプ分けをすることができますが、

梅雨から夏にかけてアトピー性皮膚炎が悪化するという場合は、

体に余分な水分(湿)と熱がこもっている可能性があります。

 

もちろん、それだけが体質ではありませんので、きちんと問診と舌診、脈診などから一人ひとりの体質を把握した上で治療を行っていきます。

             

余分な水分(湿)や熱がこもっている場合は、

それらを取り除くツボを刺激します。

ただ、痒いところに刺すだけではありません。

局所だけでなく、全体からアトピー性皮膚炎の治療を行います。

 

当院のアトピー性皮膚炎の治療をさらに知りたい方は、

https://www.dokutoruyo.com/atopy/

をご覧ください。

 

吉祥寺 中医学に基づく 体質改善

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

2019/06/05
納豆かけご飯

おはようございます。

スタッフの篠原です。

 

コラム『体を温める食材』で体を温める食材として納豆をあげておりました。

 

私は鮭と温泉卵を乗せて納豆かけご飯を食べることが多いです。

 

鮭も温める食材です。温中といって胃腸を温めたり、補気補血といってエネルギーを補う働きがございます。

卵はバランスよく栄養豊富なので一緒に食べています。

 

納豆には活血作用などがあります。

 

よくテレビで、納豆は「夜に食べるほうがいい」とか「ひきわり納豆のほうがいい」など耳にしますが、私は特に気にせずに朝食に食べています。(ひきわり納豆にしたり、夜食べることもあります。)

 

キムチや梅干しをのせて食べることもあります。

キムチは発酵食品で乳酸菌が豊富です。乳酸菌と納豆菌を一緒に摂ると、納豆菌が乳酸菌の増殖を助けるとされています。

(というのもありますが、美味しいから食べています。)

 

 

 

 

篠原

 

 

吉祥寺 中医学に基づく 体質改善

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

2019/06/07
クロウ・深瀬症候群

おはようございます。

 

スタッフの篠原です。

 

2019年5月28日㈫に

テレビ朝日で放送された「名医とつながる!たけしの家庭の医学」

という番組を観ました。

 

番組内で

クロウ・深瀬症候群という病名が出てきました。

初めて聞きました。勉強不足です。

 

 

調べてみました。

 

クロウ・深瀬症候群は、高月病、PEP症候群、POEMS症候群とも呼ばれる場合があります。

POEMS症候群のいう呼び方の、POEMSとは、この病気の主な症状の頭文字から取ったものです。

 

P→多発性神経炎(Polyneuropathy)

O→臓器腫大

E→内分泌障害

M→蛋白血症

S→皮膚異常

 

診断基準は以下の通りです。

(抜粋:http://www.m.chiba-u.ac.jp/dept/neurol/files/7515/4381/0165/2015poems.pdf

大基準

◇脱髄性ニューロパチー

◇VEGF上昇(血清または血漿)

◇M蛋白血症

小基準

◇血小板・赤血球増多

◇臓器腫大(肝脾腫・リンパ節腫脹)

◇血管外への体液貯留(浮腫・胸腹水・心嚢水)

◇内分泌障害(性腺機能異常・甲状腺機能異常・耐糖能異常・副腎機能異常)

◇皮膚変化(色素沈着・剛毛・血管腫・爪床蒼白 等)

◇乳頭浮腫

◇骨硬化性病変

◇Castleman病

 

1. 3個+小基準1個以上

2. 2個+小基準1個以上

治療法に関しては、以下のサイトを参考にしてみてください。

POEMS症候群サポートグループ

POEMS症候群の治療方法 https://poems.jp/about-poems/treatment/

参考サイト

・難病情報センター | クロウ・深瀬症候群(指定難病16)http://www.nanbyou.or.jp/entry/82

・POEMS症候群とは | POEMS症候群サポートグループhttps://poems.jp/about-poems/

・治験調整医師・調整事務局 千葉大学医学部附属病院 神経内科・臨床試験部http://www.m.chiba-u.ac.jp/dept/neurol/files/7515/4381/0165/2015poems.pdf

 

 

 

吉祥寺 中医学に基づく 体質改善

鍼灸・吸玉(カッピング)療法専門 楊中医鍼灸院

 

当院は予約制となります

  • まずはお電話でご相談ください。

  • 0088-221818

受付時間

8:30~
12:30
13:00まで
14:00~
17:30

※ 火曜日・水曜日・金曜日が祝祭日の場合は午前診療となります。
※ 当院は予約制です。

アクセス

院内の様子