コラム

2022/09/16
新型コロナウイルス感染後の後遺症相談・鍼灸治療での効用について。
ここの所、当院へコロナ感染の後遺症への問い合わせがかなり増えてきております。
通院治療を受けている方も増加傾向にあります。
当院は中医学(東洋医学)見地から伝統中医鍼灸で体質改善を専門的に行っているからかも知れません。
 
まず、中医学では患者様の体に出てきている症状起因を分析し体質別に振り分け体質改善を進めて症状を改善していきます。
 
基本的な治療の方針には、「補腎益気と言って本来自分自身が持っている活力を刺激し自然治癒力を高める事を指します。活力エネルギーチャージを意味します。
 
健脾昇清」と言うのは、食欲や消化器系統を整えて食欲を出して活力エネルギーを増産させる事を指します。食欲が出て来れば、体を整えるエネルギーとなります。
 
養肺宣気」とは、肺の働きをパワーアップさせて活力エネルギーを体の中で回してあげる事を指します。
 
中医学では腎と肺を整えることにより、咽喉や鼻の症状不快感を緩和させ整えること事にも繋がります。
鼻詰まりの緩和にも良いです。
咽頭炎や咽喉に不快感が後遺症として出ている方にも良いかと…
そして、体全体のエネルギーチャージをして体のだるさ等を緩和させたりもします。
 
体が怠いのは元気がないからです。
元気がないと言うのは、元々体内にあった活力エネルギーがコロナ感染で消失してしまったからです。
元気が無い=元々あった活力エネルギー(元の気)がなくなってしまったから元気が無いというのであります。
 
又、症状別体質判断とは…
例として、体が怠い重いこれは気のエネルギーが上に上がらず下がっている状態を意味します。
そのため活動力のエネルギーを上に持ち上げるケアが必要となります。
その場合は、気陥タイプです。
 
気分が憂鬱でスッキリしない。悩ましい感じが生じる。気が体の中でスムーズに回らなくなってしまった状態で気が渋滞を起こしてしまっているので、気滞タイプとなります。
気持ちが塞がって心配や不安なことが有るがために生じます。
心身をリラックスさせて憂鬱な気分を緩和させていきます。
気の活動エネルギーをスムーズに動かす治療が必要となります。
 
こんな感じで、症状の起因タイプ別の分別診断は大切です。
 
一般的にただなんとなく自律神経を整えるとか、血流を促す治療を行ってもコロナの後遺症治療には繋がりにくいと思います。
 
最後に発想の転換で、体の体質把握や自然治癒力を整える中医学的な取り組みで体のケアするのもコロナ後遺症治療の一手になるかと思います。
鍼灸治療は、体に負担なく体の治る力を活性化させることが可能な治療です。
 
百聞は一体験に非ずかと思います。
世の中には、鍼治療に関して食わず嫌いな方も多いのですが、何時までも体調不良を継続させるのもどうかと、一個人では考えております。
 
薬の服用で効果が得られないのであれば…
違う発想角度から体を整えるのも良いかと思います。

2022/10/16
お灸が苦手な方でも安心!箱灸ってどんなもの!?

〜当院でご好評を受けている遠赤外線の効果を伴う無煙の箱灸の温熱療法に関して〜

箱灸は、直接地肌に付けない間接的温熱療法であり箱型となっております。
専用の木箱があり、その底に遠赤外線を発するセラミックの台座が取り付けられ、そこに煙の出ないお灸を入れ刺激したいツボの上に置き蒸す感じで温めます。
 
皆さんからホファンとした心地よい温かさが伝わって来ると言われております。又、緊張感も解れる感じがするとおっしゃる方もおります。
 
当院では、体質改善・エネルギーチャージ・妊活・ホルモンバランスを整えたい時・うつ症状・不眠心身のリラックス・自律神経失調症・疲労回復等の様々な治療に活用させて頂いております。
もちろん、体質・症状などにより箱灸を置くツボの場所は変わります。
 
ここが一番の特徴のポイントで体質を振り分けられるかどうかと言う所です。
振り分けられないと、全くお門違いのツボを温めて刺激することになるので効果が期待できません。体質を把握するには「中医学」という伝統的な東洋医学の理論を活用しないと出来ません。
 
また当院の場合箱灸だけでなく、カッピング(吸玉)付きで行っております。
例として写真を掲載します。
この写真は、自律神経失調の治療の時に行う箱灸とカッピング(吸玉)です。
 
交感神経と副交感神経の調和と内臓の働きを安定させる治療パターンです。
その他、症状によって治療のパターンは変わります。全て同じ治療を行う事は御座いません。
 
心身のメンテケアは、1989年開業鍼灸・カッピングによる体質改善専門 吉祥寺・楊中医鍼灸院へお気軽にご相談くださいませ。

2022/10/28
他とは違う当院のアトピー性皮膚炎の治療法とは!?
当院では、出ている症状の肌質別に治療を行ってます。
個人の方へ完全なオーダメイドの治療を行わさせて頂いております。対処療法的局所の治療のみは行っておりません。
 
その為当院では、出てきている肌質の症状をタイプ別に分析し治療の法則を組み立てて個々に合わせて治療を進めております。
1パターンの治療等は行ってません。
 
アトピーと言う病名は1つですが、出てくる症状は各々が違います。
それ故に肌質の症状を判断し治療を行います。
一般的な治療では消炎、痒み止めの投薬がされます。どんなタイプでも基本は同じ様な扱いで同じ治療を行います。個人の症状タイプでの対応はほぼ行われません。
 
中医学では…
例えば、肌が乾燥して粉吹き症状タイプは血虚タイプと言い。治療方針は、補血止痒と言う血液を活性化し全身に流れを促進、皮膚に栄養を運ぶように促し、肌に潤いを与える治療を行います。
 
肌が真っ赤で痒みと時には痛みを伴う症状のタイプは血熱タイプと言うのに振り分けられます。
治療方針は、清熱涼血止痒と言う治療を行います。このタイプは血液や肌などに熱がこもっているので肌が赤くなるのです。
故に、体にこもっている熱を抜き去るケアが必要となってきます。
要するに体を冷ます治療が必要となるのです。そうしないと根本治療とはならないです。消炎、痒み止めの薬を使用しても一時的には治まりますが、また再発をしてしまいます。
 
その他には、瘀血タイプ、肌が乾燥して赤黒くなっている症状です。
湿熱タイプ等もあり、こちらは肌の炎症があり、肌を掻くと出血や組織液が出てきたりします。
 
尚、慢性化により人によってはタイプが混合している場合の方もおられます。
この場合は症状がかなり複雑化しております。
 
何れにせよ、アトピー性皮膚炎を改善緩和させるには、根本的なケア治療が必要です。特に悪化慢性化されている方は…
 
アトピー性皮膚炎の治療に関してやご自身がどのようなタイプなのか知りたい方は、ご遠慮なく体質改善専門の当院へご相談くださいませ。

2022/11/05
肌が乾燥してしまう理由とは!?

アトピー性皮膚炎やをお持ちの方や乾燥肌にお悩みの方、肌が乾燥して荒れてきて痒みましているのでは…

では秋口・冬場になると何故肌が乾燥するのか?
 
「空気の温度と、皮膚の表面温度との差どんどん大きくなり、皮膚から水分が抜けやすくなるため」です。 
 
冬に空気が乾燥する理由は、「夜に冷え込んだ際、空気中に含むことができる水蒸気量が減り、あふれた分が結露し、水蒸気量が減少しそのまま日中を迎えてしまう為です。
 
尚、人は年齢を重ねると、角層にある肌のうるおいを保つための成分が減り、肌の水分量やバリア機能も低下して乾燥してしまいます。
 
全身を巡っている毛細血管も、年齢とともに減少していきます。流す勢いも低下傾向化し、その為血流が悪くなって必要な栄養素が肌にスムーズに運ばれなくなり、肌が乾燥してしまいます。
 
【入浴で肌の乾燥対策法】
熱すぎるお湯に入浴するのは良くないです。
お湯の温度は40℃以下に
 
 身体を洗うときはボディソープをあらかじめ泡立ててから
そして肌当たりのやさしい素材のものでやさしく洗いましょう。
ナイロンタオルは肌を刺激するのでNG
 
入浴後はできるだけ早く保湿ケアを
スネや踵・膝・肘は特に乾燥しやすいので保湿を
 
尚、暖房器具を使用する際は、加湿を行うことも大切です。
 
加湿をして適切な湿度を保つと、肌の乾燥を防ぎます。
同じ気温でも湿度が高いと暖かく感じたり、ウイルスが飛散しにくいため、風邪やインフルエンザなどの感染症対策にもなると言う効果も狙えます。
 
室内の最適湿度は40~60%の間だといわれています。
以上、参考にして頂ければと思います。

2022/11/16
余り知られてない早目の鍼治療で効果が望める疾患とは!?

余り知られてない早目の鍼治療で効果が望める疾患とは!?

・目眩
・突発性難聴
・三叉神経痛
・顔面麻痺症
・帯状疱疹後遺症
 
上記の疾患等は、罹患して早め早めに鍼治療を受けると症状の緩和が望める疾患です何故早めが良いか…病状により時間が経つと神経への影響が進んだりし回復力が鈍くなるからです
 
帯状疱疹の場合は、水疱等が治って神経痛が残っていると思われた際に早期のケアが有効です。
何事も、早め早めをおすすめ致します。
 
しかし、受診される所の経験と技術力によって差が出ることもございますの予め下調べされ受診されることをおすすめ致します。カウセリングや問診が確り行われているか、臨床経験や疾患に対して対応されたことが有るかどうかなど…
 
また、医療というものはケースと体質等により100%の治癒保証できるものでもないことを忘れずに。
 
尚、自分自身の症状や病が鍼治療の適応かどうか分からない場合、当院へお気軽に相談下さいませ。
 
 

当院は予約制となります

  • まずはお電話でご相談ください。

  • 0088-221818

診療時間

8:30~
12:30
13:00まで
14:00~
17:30

※ 火曜日・水曜日・金曜日が祝祭日の場合は午前診療となります。
※ 当院は予約制です。

アクセス

〒180-0002
東京都武蔵野市吉祥寺東町1丁目17-10

院内の様子