コラム

2019/03/11
【その他】中医学で考える、ストレスが起因で起こる症状と病気

今、世の中ではストレスが蔓延しており、ストレスによる症状で心療内科を受診される方が非常に増えてきております。

それは何故でしょう?

私が考えるには、多くの方々が体の許容量を超え仕事をしなければならない状況下に置かれている事と、体へのお手当てが足りないために増えてきているのだと思います。

 

また、人間は機械と違い感情を持っています。とてもデリケートな生き物なのです。忙しい世の中だからこそ、自分自身の空白の時間、余暇の時間を持たなくてはいけません。それらが足りないが為に、体も心もオーバヒートを起こしてしまい、体に不具合が出てきてしまうのでしょう。

 

では、理論上「ストレス」を中医学(東洋医学)ではどの様に捉え認識しているのでしょうか?

 中医学(東洋医学)では、各臓器には?各々が精神作用を担っている?と考えられております。

「各臓器」とは、肝・心・脾・肺・腎を指します。

 

・「肝」の気が正常な働きを保っていれば

  常識・礼節をわきまえ、物事をきちんと判断し処理します。

 

・「肝」の気がスムーズでない場合は

  憂うつになりやすい、意欲がわかない、決断力が欠けます。

 

 

・「心」の気が正常な働きを保っていれば

  個性豊かな安定した情緒を保ちます。

 

・「心」の気がスムーズでない場合は

  臆病になりやすく、勇気がなく不安感が出やすくなります。

 

 

・「脾」の気が正常な働きを保っていれば

  包容力が有り、皆さんの意見を公平にまとめます。

 

・「脾」の気がスムーズでない場合は

  くよくよ思い悩み、主体性が無く、気迷う事が多くなります。

 

 

・「肺」の気が正常な働きを保っていれば

  五感がさえます(視る、聴く、痛痒など)

 

・「肺」の気がスムーズでない場合は

  表情が無くなり、注意力が散漫、やる気が出ません。

 

 

・「腎」の気が正常な働きを保っていれば

  志を強く持ち、根気が強く丁寧に物事を処理します。

 

・「腎」の気がスムーズでない場合は

  忍耐力が無くなり、根気も無くなり、面倒くさがります。

 

 

これらの臓器の中で、ストレスを受けると働きに特に影響が出やすくなるのが「肝」です。

 

中医学(東洋医学)では、各臓器の気・血が何時も万遍無くスムーズに流れ、気・血が体に満たされている状態が、人間の体を正常な働きに導き且つ健康な状態を保つのだと考えられています。

 

ですが、外気(天候)・精神状態(気持ち・感情)・食生活・房事・労働などの環境が自分の体の許容量 を超えて、必要以上に極端な変化や負荷が掛かってしまった時、生命活動・体を元気に保ち維持するエネルギー、気・血に影響が及び、その流れが損われてしまいます。そのため、体内での機能バランスが崩れ、症状や病気を引き起こすのだと考えられています。

 

この様な気・血の流れの失調により発症する症状・病気などは、残念ながら幾ら検査を行っても数値に出てきません。

しかし、中医学(東洋医学)的な発想で、問診・脈の打ち具合、舌の色合いなどを診ることで、体のどの部分で機能バランスの失調が起きているのかを知ることができます。

 

西洋医学と中医学(東洋医学)では、病気を診る角度が違うので、おのずと治すプロセスも違ってくるのです。

 

それでは、ストレスを中医学(東洋医学)的に考えた時、どの様に捉えるのでしょうか?

 中医学的な考えでは、人間がストレスを感じた時、「肝」の気の流れや働きに異常が出てくると考えます。

 

「肝」の気と言うのは、伸び伸び流れる事で正常な働きを保っています。しかし、いやな事・イライラする事・怒られる様な事などがあると、肝の臓器に影響が及び、肝の気の流れに問題が生じ、気の流れの渋滞を引き起こします。これを肝気鬱結(かんきうっけつ)といいます。この状況が長引くと、気のエネルギーがどんどん溜まって来て、熱を帯びるようになります。熱と言うものは炎上(上昇)の性質を持っています。そのためイライラやのぼせ・めまいなどが生じるようになり、益々症状が悪化するのです。

 

ですから、このような場合は肝の気の流れを元に戻し、スムーズに流れるように促す治療を行なってあげなければ症状は改善されません。

 

 

 

?肝の気の流れが失調した場合、基本的に下記の症状がおこります?

 ●軽い場合:

 

イライラする、怒り易くなる、落ち着かない、胸脇・乳房の脹痛、下腹部の脹痛。

 

 →さらに状態が進行すると:

 

赤ら顔、のぼせ、目の充血、頭頂痛、片頭痛

 

 →もっと進行すると:

 

めまい、ふるえ、ひきつけ、などの症状が出てきます。

 

また、ストレスが起因により肝に負荷が掛かる事で、様々な病気を引き起こします。

 ●軽いものであれば:

 

肩凝り、緊張性頭痛、軽い不眠、腰痛

 

 →多少重くなってくると:

 

過敏性大腸炎、自律神経失調症、書痙、対人恐怖症、突発性難聴、円形脱毛症、不妊症(器質的な問題のないタイプ)、インポテンツ、アトピー性皮膚炎の悪化

 

 →さらに重くなると:

 

パニック障害、適応障害、うつ病、重い不眠症

 

ストレスによる病気は、挙げたらまだまだございますが、上記の病気は一般 的によく目にする症状・病気かと思います。

 

上記の病気で、精神安定剤、抗うつ剤の服用で症状の改善や治っていくケースも多々有ります。しかし、逆に長引いて強い効能のある薬の投与を受ける方もいらっしゃいます。

 

それはどうしてでしょう?

 

中医学(東洋医学)的な発想では、肝の気の流れを改善していない為に、他の臓器の気の流れにも影響が及び症状が進行していくとのだと考えます。

また、自然治癒力(体の回復力)の低下だとも考えられます。自然治癒力の低下は年齢が増せば増すほど起こりやすくなります。体力の低下もその一つです。体力の低下と共に人間の体を整える自然治癒力と言うのは低下して行きます。その為、年齢が増すのにつれて、症状や病気も進行しやすくなるのです。

 

また、自然治癒力は、普段の生活での体への気配りが足りなくても低下しやすくなります。

 

体に負荷をかける生活が多くなりますと:睡眠不足、過労、食生活の乱れなどが起こってきます。

 

そのため、中医学(東洋医学)の治療では、肝の気の流れを調整すると共に、生活指導を行い、自然治癒力の底上げも同時に行い、症状の改善を図っています。

 

 

 何かの病気が発症する前に、体は声を発しています。

日頃、ストレスを感じている方はなるべく体の発している声に耳を傾けて、早めにお手当てをなさってください。

 例:

突発性難聴になる前、頻繁に耳鳴り(ジーやキーンという音)、肩の凝り、耳の周りの脹り、突っ張る様な症状が出ます。この様な症状は、体が注意信号を出している状態です。中医学(東洋医学)ではこれらの症状を?未病?と言っております。未病とはまだ病気にはなっていないが、病気の現れる前兆である事を指します。

ストレスに関して、中医学(東洋医学)的な考えを多少なりともご理解して頂けましたでしょうか?

 

ちなみに、ストレスを溜めやすいタイプは・・・

 

 ・内向的でおとなしい方

 

 ・真面目で几帳面な方

 

 ・取り越し苦労の多い方

 

 ・自分に否定的な方

 

 ・頑固で厳格な方

 

上記のようなタイプの方は、ストレスを溜め込まないように、リラックスとリフレッシュを心掛けて下さいませ。

大事なのは、オープン(発散)・リラックス(ときほぐす)・リズム(イキイキとした生活)です。

 

 普段の生活でストレスを感じている方、何か気になる症状が出ている方、中医学的な考えに関して詳しく知りたい方は、お気軽に当院へご相談くださいませ。

未病の状態は、中医学(東洋医学)が得意とする分野でございます。

 

2019/03/11
【その他】中医学とは

中医学とは、独自の生理観や病理観、および診断・治療の方法を持つ、ひとつの体系化された中国伝統の医学です。我々がこの中医学を用い、現代医学(西洋医学)とは違った角度から人体を見、治療を施すことによって、西洋医学では手の届かなかった、いわゆる「未病」「慢性症状体内の崩れたエネルギーバランス」「体質が起因の病」の改善やお手当ての治療を行うことができるのです。

 

 

中医学の診察法

中医学の診察は「望診」「聞診」「問診」「切診」の4種類があり、これをひっくるめて「四診」と呼んでいます。

<望診>

患者さんを目で見て観察する診察方法です。

体格・表情・顔色・動作・舌の状態などを見ます。

<聞診>

患者さんの声や呼吸、体臭や口臭などをチェックする診察方法です。

<問診>

患者さんの自覚症状、愁訴を詳しくたずね、病気の経過、熱・汗・食欲など診断に必要な情報を収集する診察方法です。

<切診>

患者さんに直接触れて、診察する方法で、身体の各部とともに、脈の触れ具合も重要な診察データになります。

 

★ 四診での情報を整理・分析し、「証」をみきわめ、各々の病態により適した治療法を決定するのです。

 

 

中医学の魅力

 

1 未病治療

「未病」とは、病気がまだ病気として認識される前の状態の事をいいます。病気は、いきなり発症するわけでなく、徐々に姿を変え、少しずつ育ち、ある段階で症状として認識されるのです。

つまり、症状として現われる以前にも病気として体内に存在するというのが中医学的な考え方です。

人の人体は、いろいろな働きがバランスをとりながら機能しています。どこかに歪みが生じれば、全体的なバランスがくずれ、それが「不定愁訴」という形で、身体から発せられる重要なサインとなるのです。

中医学は、その重要なサインを見逃さず、重大な病に発展する前に、身体の機能のバランスを整え改善していく事を目的とした、無理のない理想的な治療方法なのです。

 

2 体質改善治療

病気の種子が徐々に育ち、病気といて顔をあらわす背景には、日頃の食生活・生活スタイル・職場環境など様々な要因が深く関わっています。自然治癒力を高め、病気そのものに対抗する力を増すとともに、その生活環境を改善し、病気そのものが育ちにくい環境に体質を改善していくことも中医学的治療の持つ重要な役割です。

自分の体質の特徴を理解し、その欠点を補う事で、よりバランスの良い身体=丈夫な身体を維持する事ができるわけです。

 

 

経絡・ツボとは

中医学では、生命エネルギーである「気」の流れる道筋を「経絡」と呼んでいます。この経絡は主なるものが14本あり、それぞれ五臓六腑(内臓器)と密接に関連しています。

この経絡は、血管やリンパ腺のように形のあるものではありませんが、体調を崩したり、そのバランスに歪みが生じると関連する経絡に沿って様々な異常やサインを送ってくれるのです。

「ツボ」は、その経絡の上に並んでいます。ツボは、経絡の中でも得に強い反応が現れる点です。ツボに効果 的な刺激を与えることによって、狂っている体内の機能のバランスを調整する事ができます。つまり、ツボは「身体の反応点」でもあり、「治療点」でもあるわけです。

しかし、疾患部位と治療点は必ずしも一致しません。お腹の調子が悪い時に足のツボを使う事もありますし、頭が痛くて手のツボを使うこともあるわけです。

当然のことながら、症状は同じ「頭痛」でも、患者さんによって使うツボや治療方法が変わってくることになります。

 

全身の経絡の流れ、経穴の特徴や性質を理解した上で、それぞれを組み合わせ、個人個人の状態に合わせて、より効果 的な治療点を選んで治療を施すのが「中医鍼灸治療」なのです。

 

2019/03/11
【内科疾患】排尿障害3~りゅう閉編~

★中医学による排尿障害の概念★

中医学でも排尿障害は「尿閉」「排尿困難」「頻尿」「尿失禁」・・・・など

現代医学と同様に、幾つかの症状が含まれます。

この中で、「尿失禁」は以前に紹介されておりますので、今回は「排尿困難」「尿閉」「頻尿」「尿意急迫」「残尿感」などを主訴とする疾患について紹介します。

中医学では以上のような症状を主訴とする疾患は「りゅう閉」「淋証」の2つがあります。

先ず、この2つの疾患についての共通点と相違点を簡単に紹介しましょう。

 

▼ 共通点

①、 小便が点滴して出難い

②、 残尿感を伴うこともある

▼ 相違点

 

=りゅう閉=

=淋証=

①1日の総尿量

減少

減少しない

②小便の頻数

頻数しない

頻数する

③排尿痛

排尿痛少ない

排尿痛有り

以上のような共通点や相違点があります。

それでは、「りゅう閉」から説明始めてみたいと思います。

 

★★ りゅう閉 ★★

『りゅう閉』の「りゅう」には排尿時に小便の出がわるく、少量しか出なく、下腹部が充満して隆起した状態で、病勢が比較的緩慢なものを指します。

「閉」は小便が閉塞して出ない状態で、病勢が比較的急性なものを指します。

『りゅう閉』とは、排尿困難となり小便が出にくく、重度の場合は閉塞が起こり小便が不通 になる病症を指します。

 

「りゅう閉」はその病因・病機により下記の6つの証に分類されます。

Ⅰ、湿熱が膀胱に下注して起こるもの

Ⅱ、肺に熱が鬱積して起こるもの

Ⅲ、脾の気の不足により起こるもの

Ⅳ、腎陽の不足により起こるもの

Ⅴ、肝の気が鬱滞して起こるもの

?、血の滞りによって起こるもの

 

「りゅう閉」は、以上のように分類をすることができます。

次に上記の分類に従って、病因・病機~弁証名~症状~治療、の順に説明してゆきます。

 

Ⅰ【湿熱が膀胱に下注して起こるもの】

《病因・病機》

病因のところで説明しましたが「肥甘厚味の過食」や「飲酒過度」は体内で湿熱を生みます。

飲食物により生まれた湿熱は、当初は中焦といって腹部の辺りにありますが、湿の重い性質により下部へと移行して膀胱へ入り込んでしまいます。(湿熱下注)

又、性器を不衛生にしていると、性器を通じて濁気が膀胱へ入り込み湿熱となります。

膀胱の生理作用で説明しましたが、尿が体外に排出されるのは膀胱の気化作用によるものです。

膀胱に入り込んだ湿熱は膀胱の気化作用を失調させてしまいます。

又、腎の熱が膀胱へ転移して湿熱が鬱積し、膀胱の気化作用を失調させる場合もあります。

いずれにしても、湿熱が膀胱へ侵入することにより起こる「りゅう閉」です。

 

≪弁証≫

湿熱が膀胱に入って起こるりゅう閉ですから、

弁証は『湿熱りゅう閉』又は「膀胱湿熱証」となります。

≪症状≫

〈主症状〉

小便は点滴状で尿量少・排尿困難・閉塞・・・・膀胱の気化作用の失調のためです。

尿量黄色又は赤色で灼熱間を伴う・・・・湿熱の熱の特徴です。

 

〈随伴症状〉

下腹部が急に痛む・・・・湿熱の湿の粘調の性質で気血が阻滞を起こして痛みが出ます。

咽の渇き・・・・湿熱の熱の特性より体内の水分が損耗されてしまい、咽が渇きます。

≪治療≫

『清熱利湿』といって、熱を下げ湿を体外へ排出する治療を施します。

 

Ⅱ【肺に熱が鬱積して起こるもの】

≪病因・病気≫

「熱邪壅肺(ねつじゃようはい)」と言って、外因に含まれる「熱邪」を受感してしまうと、その熱が肺に停滞してしまうことがあります。

すると肺の生理作用の1つである「粛降作用」が失調を起こしてしまいます。

「粛降」とは、下方へ降ろす作用でした。

 もう一度、水液代謝を思い出してみましょう。

肺は脾から送られてきた有益な水液を「粛降作用」により下方に降ろしておりました。

つまり、粛降作用により水液は全身を巡り腎に到達することができるのです。

更に腎に送られた水液のうち、再利用できないものは膀胱へと送られ、排尿されました。

「粛降作用」が失調を起こすと、水液が下方へ降りて行きづらくなってしまい、腎へ送られる水液の量 が減ってしまいます。

腎へ送られる水液量の減少は、膀胱へ送られる水液量の減少につながり、最終的には尿量 の減少になるわけです。

 

≪弁証≫

肺に熱が鬱積して起こるりゅう閉ですから、『肺熱りゅう閉』となります。

≪症状≫

〈主症状〉

小便は点滴状か閉塞・・・・・・・・膀胱へ水液が送られてこなくて起こります。

尿の色は黄色・・・・・・・・・・・熱邪の特徴です。

 

〈随伴症状〉

咽の渇き・・・・・・熱の特性より体内の水分が損耗されてしまい、咽が渇きます。

咳嗽・・・・・・・・肺の「粛降作用」が失調している為に、降ろす働きが弱くなり気が逆流(上逆)して上がってきてしまい起こります。

 

≪治療≫

『清泄肺熱』といい、肺の熱を下げる治療を施します。

 

 

Ⅲ【脾の気の不足により起こるもの】

≪病因・病気≫

脾の生理作用の説明の際にも触れましたが、飲食の不節・過度の過労・長患いなどは脾の機能損傷をきたします。

その結果、運化作用や昇清作用の失調が起こります。

正常な水液代謝や脾の生理作用が理解されておられる方なら、既にピンときていると思いますが、これらの機能失調は、脾から肺へ送られてくる水液量 の減少を意味します。

肺に送られてくる水液量が減少すれば、当然体内を巡る水液量も減少し、最終的には尿量 の減少に繋がります。

 

≪弁証≫

脾は体の概ね真ん中にありますので『中虚りゅう閉』又は、「脾気虚証」となります。

 

≪症状≫

〈主症状〉

小便の出が悪い・すっきり出ない又は出ない・・・膀胱へ運ばれてくる水液が減少しているためです。

又、エネルギー不足の為、押し出す力もありません。

排尿後疲労感がある・過労で症状が増悪する・・・・運化作用の失調により、エネルギー不足(気虚)になっているためです。

 

〈随伴症状〉

下腹部が下垂して張った感じがする・・・昇提作用の失調のため下垂感が現れます。

食欲不振・・・・運化作用の失調のため、消化吸収能力が低下し食欲不振となります。

精神疲労・息切れ・だるさ・・運化作用の失調によりエネルギーが不足しておこります(推動作用や宗気の不足)。

 

〈治療〉

『益気健脾』といい脾をたて治し、エネルギー不足を解消させます。

 

 

Ⅳ【腎陽の不足により起こるもの】

≪病因・病気≫

老化や長患いは腎を損傷させます。その中で特に腎陽が損傷を受けると、温煦作用が失調を起こします。

腎の生理作用で説明しましたが、腎陽は温煦作用の力で水液代謝や膀胱の気化作用を支えていました。

温煦作用の失調は水液代謝や膀胱の気化作用を失調させ、癃閉をまねきます。

 

≪弁証≫

腎が損傷して温める力がなくなっておこるりゅう閉ですので、

『腎虚りゅう閉』又は「腎陽虚証」となります。

 

≪症状≫

〈主症状〉

小便が出ない・ポタポタとしか出ない・・・・腎陽虚により水液代謝や膀胱の気化作用が失調しているためにおこります。

排尿に力が入らない・・・・腎陽虚は脾陽を損傷させます。脾陽虚はエネルギー不足となりますので、押し出す力がなくなってしまいます。

老化や過度な性交渉などで症状が増悪します・・・老化や過度な性交渉は腎を損傷させてしまいりゅう閉をまねきます。

 

〈随伴症状〉

寒がり・・・・腎陽虚により体を温める力がなくなっているためにおこります。

顔色が蒼白い・・腎陽虚により気血が循環できず(温運)おこります。

精神不振・・・腎陽虚が進み気虚(エネルギー不足)となり、気の推動作用が失調しておこります。

腰膝に力が入らない・・・腎は「腰の府」と言われ、腎虚になると腰や膝を栄養できなくなりおこります。

(詳しくは腎の生理作用を参照してください)

朝方下痢をする・・・・朝方は気温が一番下がる時間です。この時に体を温める力がないとお腹に冷えが入り下痢をします。

下腹部の冷え・・・・腎は腰の位置にありますので、腎陽虚になると腰や下腹部に冷え感がでます。

 

≪治療≫

「温補腎陽」といって腎陽を補う治療を施します。

 

 

Ⅴ【肝の気が鬱滞して起こるもの】

≪病因・病機≫

病因の内因で説明した情志の失調によるもので、情志が抑鬱状態になると肝の気が鬱滞を起してしまいます。

その結果、肝の生理作用である「疏泄」の機能の低下がおこります。

疏泄の働きの1つに、気血の運行の促進がありました。

疏泄機能が低下することにより、気血の運行も低下を起します。

気は全ての働きの原動力ですから、気血の運行の低下は様々な働き低下させてしまいます。

そのことにより、気化作用や水液の通路である三焦に影響を及ぼしりゅう閉をまねきます。

 

≪弁証≫

肝の気が鬱滞して起こるりゅう閉ですから『肝鬱りゅう閉』となります。

 

≪症状≫

〈主症状〉

小便がすっきりでない・・・疏泄機能の低下によるものです。

下腹部や脇に脹った痛みがある・・・気の流れが渋滞を起すと脹った痛みが出現します。

下腹部や脇には肝と関わりのある経絡が通るので、この部位に脹痛が出ます。

怒りや情志の失調で症状は増悪します・・・情志の失調やイライラは更に疏泄作用を失調させます。

 

〈随伴症状〉

普段からイライラや怒りっぽい・・・・疏泄の作用の1つに情志活動の調節がありますので、疏泄機能が低下すると情志を調節できなくなり、怒りっぽくなったり、いつもイライラするようになります。

咽が渇き、水分を欲する・・・・気の流れが渋滞を起し、熱化してしまったため体内の水分を損傷させてしまっておこります。

便秘・・・・これも熱が腸の水分を損傷しておこります。

 

≪治療≫

「疏肝理気」といって肝の気を流してあげる治療を施します。

 

 

?【血の滞りによって起こるもの】

≪病因・病気≫

血の滞りが尿路を塞ぐために起こります。(イメージ的には現代医学の尿路結石みたいなものです。)

血の滞りのことを「オ血」と言いました。

「オ血」の原因は大きく分けると4種類ありますが、りゅう閉に関係のある原因は「気滞」と「血熱」です。

外傷を受けると血が血脈から流れ出てしまい、更に外傷を受けた部位では気の流れも滞り気滞をおこします。

「オ血」の説明で触れましたが、気の流れが滞ると血の流れも滞ってしまいます。

このことを気の滞りによって生まれる「オ血」ですから『気滞血オ』と言います。

つまり、外傷によって流れ出た血は、その場所で『気滞血オ』となって留まってしまいます。

又、血に熱が侵入すると、熱が血を煮詰めてしまい「血熱血オ」となります。

 

更に「オ血」は塊(腫塊)を生じる特性があります。

外傷や熱の血への侵入により生じた「オ血」が尿道を閉塞しりゅう閉を起します。

その他に、脂っこいものや、味の濃い物を食べ過ぎて(過食肥甘厚味)生じた湿熱が、膀胱へ入り煮詰まり結石となり尿道を閉塞する場合もあります。

 

≪弁証≫

血オによって起こるので「血オりゅう閉」となります。

 

≪症状≫

〈主症状〉

尿がポタポタとしか出ないか、細い。出ない場合もあります・・・尿路が閉塞されているためです。

下腹部が脹って痛む・・・尿路の途中までは尿が来ているからです。

 

≪治療≫

『行オ散結』と言って、オ血をとり尿道を清利します。

 

以上が「りゅう閉」についての中医学的説明になります。

次に「淋証」についての説明に入りましょう。

2019/03/11
【その他】中医学に関して

東洋医学は、本来はアジア地域の医学医療を指すものであり、(例)インド医学、チベット医学、中国医学などです。

日本においては、漢方、鍼灸、指圧、整体などを指しております。

さて、一般的に日本において、中医学という言葉は、聞き慣れないかと思います。

中医学とは、中国伝統医学や、中国医学の略称でございます。

 

中国、台湾、香港などで、西洋医学(現代医学)と分別するのと、伝統医学であることをあらわす為の名称でもあります。

 

漢方、鍼灸などの投薬、治療を行なう際に、人の体質や症状の進行具合、生命活動力、 気、血、水のエネルギーのアンバランスを診、診断や治療を決定するのに、中医学では独特な医学理論を応用します。西洋医学(現代医学)とは、病の捉え方・病の診立てがまったく違います。

日本で行われている東洋医学(鍼灸・漢方)は、日本独自に簡略アレンジ化された物で、伝統的な中医学(基本的 には陰陽五行学、臓腑学、経絡学、経穴学、気血津液学、弁証診断学などが有ります)を応用活用している診療院は数少ないです。

理由は後ほど述べます。

 

中医学による診察では、問診に加え聞診、舌診、脉診など特徴のある体質を判別 する診察を行います。そして、総合的診断、判断をします。検査数値とは違う角度から人体を診てゆきます。

この点が大切な所でもあります。

要するに、体内のエネルギーバランスがどのようになっているかを見定めて行くのです。

検査数値に出てこないのは、この点です。人間の体はかならずしも全てが検査数値で判断できるものではございません。

中医学も医療でありますが、西洋医学とは異なった診たてを行います。

 

ここでは、問診を例に挙げ、述べて見ましょう。

患者様の症状に対する問診を、事細かく質問させて頂きます。

内容は、普段の生活状態、食欲や嗜好品、睡眠内容、暑がり寒がり、大小便の状態など、 現行の症状とは、何の関係もなさそうなことまで問診致します。

理由は、患者様の体質などを把握するためです。

中医学では患者様の症状、病気の状態を診断するに当たり、その方の体質を把握する必要があるのです。

 

例)食事は、温かいものを好む、寒さに弱い、お通じは軟便傾向がある、小水の回数が多く、透明、クーラーに弱いなど。

問診から得た情報を整理すると、一連の内容から冷えやすいと連想がされると思います。

これが大切な所で、この方の体質はやや冷えがあると判断できます。

それにより、治療方針は、冷えを改善する治療を行ないながら、症状に対して本治(体質改善)と対症療法などを同時に行なって行くのが特徴です。

ですから、西洋医学で、診断された同じ病名の方でも、体質が違えば、治療内容・方針が変わってくるのであります。誰もが同じ治療を行なうというものではなく、誰もがオリジナルの治療、オーダーメイドの治療になります。

個々の体質を診るというのが、中医学の特徴であります。

 

では、この中医学を行っているところは、現行の日本では、どれだけ存在するのでしょうか?

 

一般的に日本において、東洋医学(鍼灸・漢方)と称されている医療がありますが(理論内容がかなり中医学と比べ簡略化されており、奥深さが足りません。)中医学理論を活用しているクリニック、鍼灸院は少ないです。なぜならば、中医学を深く学ぶ学府(学校)が日本には存在しません。ただ、中国本土から中医学を学びたい方のための通 信教育を実行している学校が数箇所ございます。或は個人的に中国や台湾へ留学され中医学を習得された方々に限られている状況です。ゆえに、中医学的な治療を望まれていても、圧倒的に数が足りていないのが現状でございます。

実際に数あるHPを検索されても、中医学を実践されている鍼灸院、クリニックのHPは、数多くないかと存じます。

 この場で当院が言わんとするのは、中医学、(東洋医学・漢方・鍼灸)を受診されようと考えられている方々へ、根気よく探して下さい。中医学を行っている診療院は数少ないかも知れませんが、じっくりお探しになれば中医学を取り入れている納得いく診療院が見つかると思います。

 今まで、色々一般的な東洋医学(鍼灸・漢方)中医学を導入応用されて無い所を受診され、結果 が思わしくなかった方々へ、対症療法的な治療だけでなく、体質的な面 からケアしてゆき、病気をタイプ別に分け、治療を行なう中医学的鍼灸・漢方を試みては如何でしょうか?

 

最後になりましたが、もう一度申し上げます。

中医診断による治療方針は、対症療法(局所)的な治療とは全く異なり、治療結果 も違います。例えば、アトピーは痒みのある場所に鍼をしてもなかなか効果 は得られません。

根本的な体質判断をし、治療を行なわないと、結果はでずらいはずです。

当院としては、中国の伝統鍼灸治療と言う物を、深く皆様に理解していただき、少しでも疾病で悩まれている方々の一助お役に立てられればと思っています。

また、鍼灸の刺激に関してですが、こちらも本来は個々の体質に合して刺激を与えるものです。一般 的に中国鍼は、太くて強い刺激を与えるイメージがありますが、それは間違った先入観と間違った情報を得てしまっています。中国鍼は、けして太く強い刺激を与えるのが中国鍼では御座いません。(多少日本鍼よりかやや太めですが刺激の調整は施術者が調整する物です。)体質を見分けたり、ツボの組み合わせを中医学理論的に活用するのが、中国鍼でございます。この点も理解していただければ有り難いです。

診立てる力は大切です。診立ての違い(診断能力・体質判別する力・体内のエネルギーのバランスの歪みを見分ける力)や治療方針(ツボの性質作用を深く理解し、ツボの組み合わせ処方する力、ツボも薬と一緒で処方能力が必要なのです)の違いにより、治療の結果 の出方も様々であり、皆様方も理解して頂けるかと存じます。

そして、このページの内容を読んで頂けた方々に、鍼灸治療では何が大切であるかを知って頂ければ幸いです。大切なのは、体質判断、体内の活力エネルギーバランスの失調の調整です。

但し、中医学が何でも100パーセント治せる物でもございません。しかし、どんな症状・疾患に対しても緩和や体力作り、良い方向に回復させようと働きかけて頂ける作用は有ります。それは自然治癒力を整え調整しているからです。ゆえに、手当て治療を受けて無駄 無意味になる事はないかと存じます。また、治療結果などは個人の体質、年齢、症状の具合、通 院の仕方などにより様々かと思います。早く結果の出る方も居れば時間の掛かる方も居ます。

 

当院は、鍼灸専門ですが、漢方の相談も可能です。院長は中医師でありますので、中国・台湾などで鍼灸・漢方を専門とする医師を指します。

また、業務提携している漢方専門薬局への紹介や、保健漢方を出して頂けるクリニックへの紹介状もお出しします。

 

ご質問等ございましたら、お気軽に当院までご相談ください。

(月曜日・木曜日は休診です)

2019/03/11
【その他】中医学の診断について

伝統中医学(東洋医学)では、人体を細分化して診ておらず、一個体は全て繋がっており、それにより人間として営んでいると考えております。

 

診断の基本の考えは、人体に存在する活力エネルギー気・血・水のバランス失調を見つけ診断と治療方針を出します。(気・血・水に関しては、トップページの当院の案内の中医学の病気の捉え方をご覧下さいませ。)

要するに、人体のどこ(内臓)何が(気・血・水)がどのような状態(虚・実)に成ったかを見つけ出すの事が診断と成ります。

これが、中医学(東洋医学)診断マルマル証と言う型になります。(体質・症状の進行程度・虚・実・寒・熱タイプの分別 です。 )

ですから、何々病と言う様な、病名診断を下すのではありません。

色 々な症状の起因が、どこ((内臓)の何が(気・血・水)どの様に成ったのかを組み立てて、マルマル証と言う様に判断していく事で、診断と治療方針が決まります。

 

さてこれらは、採血等の検査をせずに、何を基準にして決めるかと申しますと・・・伝統中医学診察法の舌診・脈診によって判断されます。舌の型・色合い・舌の上にある苔の状態、脈の打ち方パタンによって振り分け、見分けていきます。ですから、臨床経験数・年数が診断能力に繋がって来る場合もございます。

ゆえに、中医学診断は基本的に、検査数値を求めるより症状や症候群の起因が何がアンバランスになったのかを見つけ出す事が大切なのです。基本的に病気の見立てが西洋医学と違いますので。そして中医学では各々の内臓には、西洋医学の考えとは違う働きを持たせていると考えています。

例えば、肝臓には、目・筋肉・血液の貯蔵、怒りの感情などの働きと係わっていると捉えています。ですから、目や筋肉の疾患が生じた場合、肝の臓器の働きを整えて治します。これは、検査数値に出てこない生命活力エネルギーのバランス歪みから来ているのです。ですから、人間のお体は、検査数値だけで全てが解ったり、治せたり出きるとは限らないと理解下さいませ。

 

それと、中医学では人間の体を細分化して見てませんので、どの様な病名、症状があっても、西洋医学のように科分けをせずに大概の科を見れます。例えば:目の疾患は眼科で、皮膚の症状は皮膚科、内臓関係は内科と言う様にそれぞれの科ごとに分けております。中医学ではその必要性が無いのです。ゆえに、色々な科の診療治療手当てが行えます。ただし、外科的手術の必要な疾患は適応では御座いませんのでご理解ご承知下さいませ。尚、個人レベルの差は御座いますのでこの点は理解して頂き、またご確認の上受診されてくださいませ。

 

中医学の診断や適応症に関して、詳しくお知りになりたい方は、お気軽に当院までご相談下さい。

 

メールアドレス:genki@dokutoruyo.com

休診日は、月曜日・木曜日です。

当院は予約制となります

  • まずはお電話でご相談ください。

  • 0088-221818

受付時間

8:30~
12:30
13:00まで
14:00~
17:30

※ 火曜日・水曜日・金曜日が祝祭日の場合は午前診療となります。
※ 当院は予約制です。

アクセス

院内の様子