頭針療法とは?

 

脳卒中後遺症に効果 を上げている治療法です

現代医学の考えと、鍼の刺激療法をミックスし、中国で開発された治療法です。
頭部の反応区に対して針を皮膚層に横刺しに刺入し、刺入後、刺激を与えて麻痺側の上肢・下肢を動かさせ、硬縮をふせいだりリハビリの運動効果 の一助となります。

鍼刺激は、皆様が想像しているほど痛いものではございません。
刺激を与えるので、多少「チクリ」とはしますが 、それで体の動きが良くなったり、硬縮が防げるのであれば、結果 としては良いのではないでしょうか?

 

療法画像

療法画像

頭針療法の一部です

頭部の運動区という反射区に鍼を水平に刺し入れ
刺激を与えて麻痺した患側を動かす治療法です。


| | | | | | |

Copyright2002 by YANG CHINESE MEDICINE CLINIC .all rights reseserved.
This material may not be copied without written from
YANG CHINESE MEDICINE CLINIC.